最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
約1ヶ月掛けて、ついに新しいドライバーを手に入れた。

「低反発・USGAルール適合品 バーナードライバー

テーラーメイド史上最大級の慣性モーメントとスーパーファスト・テクノロジーで、
爆発的な最大飛距離を”
この宣伝文句に踊らされたわけではない。

時間を掛けた分パンフレットも読んだし、試打も沢山させてもらった。
パンフレットを読んだり、TVコマーシャルを見ていると、どこのメーカーのも
実に良く見えて大いに迷うことになった。

最終的にはバーナードライバーとキャロウエイ社のHYPER E・R・Cの2種類に絞った。
その理由はどちらも“ヘッドスピードが上がる” “安定したミート率が出る” “距離が出る”だった。

最後まで迷った挙句、「バーナー」に決めた。
決め手
 その1 ERCの方は“フックフェース”になっていること。
元々“ドロー系”を打つ自分としてはフックフェースは必要ない。
 その2 バーナーを使って実際ラウンドして“いい感じ”を体験していた。
 その3 バーナーのほうが1万円程度安く買えた  ことである。
(メーカーの希望価格は元々バーナーの方が安い)

      バーナーよ、孝行息子になってくれー!!

ゴルフ・伊藤園レディースで
北田瑠衣(福岡出身)、2日目が終ってトップに。
優勝なら勿論、5位以内なら来期のシード権ほぼ確定、頑張れ!

11月11日、伊藤園レディースで北田が3人によるプレーオフで勝ち残り優勝。
シード権も獲得できて、今期最高の日となる。
3年ぶりの瑠衣スマイルが見れて良かったぁ。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

ゴルフクラブ選び

試打会に行った

「ゴルフ5」が全国的に開いている試打会がこちらでもあった。

気持ちでは“キャロウエイのHYPER E・R・Cドライバー」に傾いているが折角の試打会ということで行ってみた。 13のメーカーの人が来ていた。

まずキャロウエー社の所に行き、HYPER E・R・Cを打たせてもらった。
インドアで打つのと違って高さ、曲がり具合がよくわかった。
今まで打ったことのないような高い弾道が続けて出た。「2階打席から打っているためですよ」といわれたが、少し高すぎるような気がした。
RとSRのどちらが合っているかを確認したかったが、自分では余り差を感じなかった。
メーカーの人に言わせると、「今はSRでもいいと思いますが先のことを考えるとRの方がいいのでは(歳を取っていくのでの意味で言ったのだと理解したのだが)」だった。

つぎは隣の打席で“マルマンのマジェスティロイヤルVQ、エクシムナノEI、マジェステプレステジオ(これは店頭販売価格が231000円)”の3本を打たせてもらった。値段の差を感じるほどの腕がない。どのクラブもいい感じで飛んでいた。

次はナイキの“SUMO”このクラブは今年の初めに売り出されたクラブと言うことで、店頭価格は3万円を切っていた。真すぐには飛んでいたが飛距離が短い感じだった(要するに飛ばなかった)。
ただ「ブレは少ないなぁ」と感じた。
「深堀プロが使っているクラブはどれ?」と尋ねる人が多いとメーカーの人は言っていたが、彼ように特別仕立てたクラブだから有るはずがない。

最後はヤマハの“インプレスX460Dを打たせてもらった。ここのクラブのシャフトは他社のと比べて少し柔らかく作ってあると言う。よって自分にはSRが良いのではとメーカーの人は言っていた。これも悪くはなかった。

今使っている“ゼクシオMP300”の重量を測って貰ったら302gと言うことだったが、今日試打させてもらった中ではナイキのSUMOが309gと重く、マルマンの23,1万円のクラブは270グラム台と言うことだった。その他は285~296gの間で今持っているクラブより軽いということになる。

今日は4社のクラブ12,13本打たせてもらった(この間約70分)が流石にどれも左右のブレは少ないと感じた。それだけに1本をどれに絞るか更に迷うことになった。

上記以外にも打ってみたいクラブがあったが試打に来ている人は多く、またこれ以上打っても「迷うばかり」と言うことになりそうで止めた。

家内のクラブを買ったばかりなので、自分は「買いたい気持ち」を抑える為に暫くは新しいクラブのことは考えないことにする。
FC2 Blog Ranking
前回のブログで家内のアイヤンの年式(?)が可なり古いことを書いたが、このままでは家内も練習に気合が入らないだろうし、自分だけ新しいクラブを買い求めては申し訳ないとの思いから、また買うなら早いほうがいいと考えて、家内は「まだいいですよ」と少し遠慮していたが、義弟も誘って15日「ゴルフ5」に行った。

ここでTOBUNDAを2種類試打させてもらった。
ゼクシオは商品も無いし、試打クラブもなかった。
家内は驚いていた。「打ち易い」と。「いままでのクラブはなんだった」のとも言っていた。

測定値から予想するに、今までの5Iの飛距離と7Iのそれとが同じぐらいだった(110Y前後・実際はどうだろうか)
練習を続けてゆけばもっと飛ぶかも。その上に打ち易いということでショットが安定してくれば、スコアはまとまるだろうから。

買ったのはTOBUNDA285ELで7I・8I・9I・PW・SWとTOURSTAGE ViQ CL 4Wの計6本。
ポイントと下取り(例のアイヤンではない)などを差し引いて9万円を少し切った価格だった。
予算はもっと少なかったのだが。

TOBUNDA285はもう1種類のクラブより、フェース面が大きく「安心して打てそうだ」との理由から家内が決めた。
新しいクラブを手にしたら、早く練習場に行って「打ってみたい」という気持ちは“良~く分かる”が、何かと用事があって今日それも夕方になって「やっと練習が出来た(家内の気持ち)」

まずSWで50ヤードのグリーン目がけて打ち始めた。ボールが「良く上がる!」とまた驚いていた。見ていて討ち易そうだった。
今までのアイヤンは5・7・9・SWの4本だけだったが、こんどはPWもある。8Iもある。使いこなせるか、8Iと9Iの差が出るのは何時のことか、楽しみでもある。

本人がやる気を出しているので(素直に聞きそうで)、今日は2つのことに注意して、スイングするように指導した。

1つ目は(少し難しいことだが)
“重心をつま先に置くこと(グリップエンドを少し下げることによってこれが出来る)。これにより
トップの位置で伸び上がることを防ぐことが出来る。(トップの位置が決まり易い)

2つ目は前回の練習でも注意したのが、
クラブをトップにもっていくとき時に腕だけで上げようとするので、どうしてもクラブ軌道が
右斜め前からトップの位置に行き、(真横に30cm引くが出来ない)8の字を描いて降りてくるためにショットが安定しない。“左腕を意識して肩を回せばクラブはスムーズに上がり、8の字を書かずに降りてくる”
2つのことが出来るようになればゴルフはもっと楽しくなるはずだ(家内のゴルフは「グリーン・グリーンとしたところを歩くだけで楽しい」からはじまったのだがスコアがいいに越したことはない)
素直に聞いてやっていた。時間はかかるだろうが段々とうまくなって行くはずだ。

来週は河川敷・ミニコースに行く予定だ。どこまで結果が出せるか、楽しみだぁ。


FC2 Blog Ranking
今日家内を誘ってゴルフレンジに行った。
家内は10数年前にヘルニアの摘出手術を受けた。その後数年はリハビリと称してプールで泳いでいた。(家内は泳ぐのはうまい。因みに自分は息継ぎがうまく出来ず苦手だ)

ここ数年は腰の痛みは訴えないけど、本人はどうしても腰をかばってスイングしているという。その結果、上半身と下半身が同時に動いてしまい俗に言う“溜めが出来ない”らしい。
本人が言うほどに上と下が同時に動いているわけではないが、どうしても腰が開いてしまう。
腰が開くのは多くの人に見られることで、スライスの素になっている。
今日は自分の練習に余裕があったので、家内にアドバイスをした。(いつもは義弟任せだが)

今までより、トップに持っていくときに少し後ろ(真横ではなく・これはどこかで聞いたことがあると思うけど・自分にも言えることで)にクラブを引くようにと教えた。
このスイングのほうが腰は開きにくくなり、フォローがとり易くなると思う。

1Wはうまく打てるようになったが、アイヤンは上手くいかなかった。1回1回当りがちがう、距離が出ない。5Iも7Iも余り変らない。
どうしてそんなに違いが出るのかと思って、家内の5Iを打ってみた。
家内のアイヤンは10年以上前に売り出された物で、重く、ソールも薄い。今時のクラブではない。
これだと家内の腕ではうまくヒットできないはずで、気の毒になった。
自分の1Wより先に「家内のアイヤンの方を買うべきだかなぁ」と急に思ってしまった。
それでも今日はそれを口には出さなかったが。
以前「バーディを取ったら買ってもいいよ」と言ったことを思い出した。

追記
李知姫(韓国)が「ゴルフ・富士通レディース」で昨日、アルバトロスを記録したとの報道を今朝読んだ。女子史上7人目だそうだ。
この選手は最近活躍せず余りテレビに映らないが、昨年5月に行われた、「ヴァーナルレディース」(福岡センチュリーGC)で優勝している。
我が家にはその時彼女がギャラリースタンドに向かって投げた“ウイニングボール”がある。
家内が手に入れたものだ。家内の頭の上を越えたボールが跳ね返って足元に転がってきたのを「すばやく拾った」と自慢げだったことを思い出した。
FC2 Blog Ranking