最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
                 {前回の続き}
 
ペリア方式」はこうして・・・

次に登場したのが「ペリア方式」だ。イリノイ州の南西に
位置する人口11万人の静かな町ペオリア(PEORIA)には、
スリルに満ちた設計のパブリックコースがあって、当初は
仲間うちでハンディの公正を期するために6つの隠しホールを
日替わりで選び、隠しホールのオーバーした打数に3をかけ、
そこからパーの72を引く算出法を考えてかなりの好評を
得ていた。

その話を伝え聞いたゴルフ雑誌の記者がペオリアに
やってきて、思わず唸った。
「これは凄いシステムだ。隠しホールを毎回変更
するだけでかなり正確なハンディが得られるだろう」

彼の書いた紹介記事によって、ペオリア方式は
一躍コンペの寵児になった。
それが、どこで発音を間違えたものか、
日本では「ペリア」の名前で居座ってしまった。

今ではさらに改良が加えられ、当初6つだった隠しホールが
倍の12に増えて「新ペリア」と呼ばれている。現在のところ、
これに勝るハンディ算出法は見あたらないので、20世紀は
ペリア方式のまま終わる気配である。

夏坂 健 著「だからゴルフはやめられない
(ISBN4-620-30932-XC 0075 毎日新聞社発行 
1500円)」から


「新ペリア」は日本では以前から「Dペリア」と呼ばれていた。
(6ホールの2倍12ホールになったので)
キャロウェイ方式の頃やDペリアになって暫くは自分たちで
計算してハンディキャップを算出していたが、最近は1組でも
ゴルフ場で計算してくれるので、ラウンド終了後
わずかな時間で優勝者が判明する。
                            完

                               
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
                       {前回の続き}
キャロウェイ方式」はこうして・・・

そこで一同、自分の懐具合と酒量を考えながら帽子の中に
手を突っ込んだ。

かくしてここにめでたくHands in Cap
つまりハンディキャップが誕生したというわけ

この平等システムをゴルフに取り入れたのは、今でこそ市に
昇格しているが、18世紀初頭まで町だった
セントアンドリュースのヒューブ町長だったと
いわれている。

ハンディキャップが考案されたお陰でゴルフは老若男女が
対等に楽しめる素敵なゲームになった。

ところがオフィシャル・ハンディを持たない人がゲームを
する場合、どう腕前を査定するか。この難題をめぐって
イギリスでは猟銃をもちだし嘘のハンディを申告して勝利を
もぎとった相手を射殺する事件まで発生した。

マメリカ人のプロ、ライオネル・キャロウェイ
公正なハンディ算出法に頭を悩ました1人である。

そこで彼はハンディを決めずにスタートし、ラウンド終了後、
グロスと各ホールの打数からハンディを査定する方程式を考案した。

これが世に名高い「キャロウェイ方式」だが、
しかし法が出来れば必ずウラをかく者が現れる。
少し腕があればハンディ作成の参考にするホールを
推理して打数を調整するなど朝メシ前。

そのカラクリが次第にひろまって、
彼苦心の作「キャロウェイ方式」は次第に姿を消していった。

                           次回に続く

夏坂 健 著「だからゴルフはやめられない
(ISBN4-620-30932-XC 0075 毎日新聞社発行 
1500円)」から


自分の記憶では日本でも20年から25年前(確信はないが)
までは
「キャロウェイ方式」でハンディを決めていた。


FC2 Blog Ranking
ハンディキャップはこうして決まった!?

ハンディキャップ制度が導入される前のゴルフ界も
ご多聞にもれず弱肉強食。 そこで
強いゴルファーは遠くから
へたなゴルファーは前から打つようになった。
今で言うバックティーは勇者のシンボルゆえに
「タイガー(虎の)ティー」
へぼが打つフロントティーは虎の餌食に由来して
「ラビット(ウサギの)ティー」と命名された。

17世紀から18世紀までの話である。

ところが、ある偶然から有利な人と不利な人が
地ならしされる画期的なシステムが誕生した。

ゴルフの本場スコットランドは、飲んべえの国である。
知った顔に出会えばそのままパブに直行してビールの
酒盛りが始まる。やがて人数が増えて、だれが
何杯飲んだものやら勘定不明の事態を迎える。
しかも大酒飲みと下戸では割り勘に不都合が生じる。

そこで頭のいい男がこう提案した。
「酔っちまう前に、あらましの見当つけて持ちガネを
この帽子(キャップ)の中に入れておく。
勘定が済んでもし残ったらそれを皆で分配すればいい」

夏坂健著「だからゴルフはやめられない
(ISBN4-620-30932-X C0075 毎日新聞社発行 
1500円)」から
。 

今ではハンディキャップがあるのは当たり前と思っていますよね。

          次回に続く

FC2 Blog Ranking
「騎士たちの一番ホール」を図書館から借りていたが、内容が面白くまた役に立ちそうなので、近くの書店に注文取り寄せてもらったら、今日手元に届いた。
もっとも単行本はもう発売されてなく、文庫本しかないとの事だった。
すでに読んだ人もいるだろうけど、読んでいない人のためにまた少し紹介したい。

「怒りは最大の敵である」 ノーマン・フォン・ニーダ

豪打の主として知られたプロのレオナルド・トンプソンは「瞬間湯沸器」の異名を持つトミー・ポールと並び称される短気者だった。
例えば1978年のクオドシティ・オープン最終日、14番が終わったところで彼は首位に1打差まで迫っていた。15番のロングホール、ここで自慢の豪打が爆発、2打目も5番アイアンでらくらく2オンだ。もし1発で沈めたら一躍トップに浮上する大事な場面、キャディもしきりに生ツバを呑みながら旗竿に手を添えている。
いよいよイーグルパットの構え、やがてボールは軽やかにヒットされた。ズンズンやってくる白球の軌道も申し分ない。キャディはいまこそ自分の出番だと察知した。そこで先輩から教えられた通り、派手なパフォーマンスでイーグルに花を添えるべく、
「いいぞ、よしよし、もっと転がれ、カップに入れ!」
身振り手振りのタコ踊りまではよかったが、その弾みに耳のうしろに挟んでいたティペックがポトリと落下、信じられないことに転がってきたボールがそれに乗り上げて進路を変えてしまった。
余りの事態に呆然としていたトンプソン、ようやく唸り声を上げながら体制を立て直すと、近くにいた役員に尋ねた。
「あれは一体どうなるんだ?」
「なに簡単なことさ」役員は明るい口調で答えた。
「クラブ以外のものでボールを打った場合、2ペナルティが科せられる。知ってるかい?」
それを効いた次の瞬間、グリーンエッジに立ててあった自分のキャディバックを思い切り蹴飛ばした。哀れキャディバックは斜面に沿って池に転落、あわてて駆け寄ったキャディが4番アイアンだけは拾い上げたが、残りのクラブは池のそこに沈んでしまった。
イーグルのはずが「6」になった彼は、残り3ホールを4番とパターの2本でプレーして全てボギーの上がり。さすがトッププロは凄いとギャラリーから感嘆の声しきりだったが、肝心の成績は14位。怒りがゴルフの敵であることを証明した。
翌1979年のカンサス・オーシャン杯に出場したトンプソンは、またしても失敗をやらかした。・・・・・・

「多くの人が、練習場ではライオンに、コースに出ると臆病者のニワトリになる」 
 トマス・サイモン

「不安と緊張が、このゲームを限りなく愉快にしてくれる」
 トム・シンプソン

「殴られて言うことを聞く者はいない。たまにはボールの身にもなってごらん」
 ハーピー・ペニック

「ゴルフは小技がすべて、まず50ヤード以内のアプローチから始めよ」
 ロバート・ディクソン

「ゴルフには“わかった”と叫びたい一瞬がある。たちまちもとの世界に戻ろうとも、不感症の人よりも幸せだ」
 P・Gウッドハウス
FC2 Blog Ranking
“なつさか けん”(1936年横浜市生まれ)という作家を知っていますか。

以下の著書を“ゴルフ気違い”の人でなくても、面白く読める本として、お薦めしたい。
噴出したくなったり、成る程と感心したりと肩の凝らない本といえる。

自分が氏のゴルフについての著書を最初に買ったのは1993年で
だからゴルフはやめられない」 毎日新聞社 
   ISBN4-620-30932-X C0075 P1500E である。

どこの図書館でもまだ置いてあると思う。(自分が住んでいる市の中央図書館にもある)

今では氏の著書は3冊持っている。
2冊目は
「ゴルフを以って人を観ん―緑のお遍路さんたち」 日経ビジネス人文庫
   1SBN4―532―19077-0 C0175 ¥600E

3冊目は
ゴルファーを笑え!」 新潮社
   1SBN4-10-387901-7 C0075 P1500E


夏坂さんは2000年1月19日に亡くなった聞いているので、その後新刊はないはずだ。

今日は図書館から“騎士たちの一番ホール―不滅のゴルフ名言集”を借りてきた。
この本の初版は1997年11月で、日本ヴォーク&スポーツマガジン社発行。
   ISBN4-529-02811-9 C0075¥1500E
目次は
第一章 ゴルフの精神  第二章 ゴルフの素顔
第三章 ゴルフの機敏  第四章 ゴルフの技術  からなっている。

内容を少し紹介したい。

「1ホールの中に、人生のすべてある」(ラジャード・キップリング)

「ゴルフは、人生第二の伴侶」(ウィリアム・シンクレア)

「尽きることのない知的興奮、爽快な散歩。ゴルフが人間の発明した“究極のゲーム”であること、疑いようもない」 (ホレス・ハッチンソン)

「ゴルフでは、得意の絶頂から奈落の底に転落するなど、珍しくもない。まさに人生そのものだね」(トム・モリス・シニア)

「あらかじめ、私は目標スコアを決めてスタートする。それで勝てばよし、負けても納得がいく」(グッレグ・ノーマン) など

ゴルフ狂の先人たちの喜びと苦労が伝わってくる名言が60とちよっと書かれている。

これらそれぞれの名言について、夏坂氏が2~3ページ費やして、エッセイを書いている。

お気に入りの名言を幾つか持ってのラウンドは更にゴルフを楽しくすること請け合いである。
今日は全てを紹介出来ないが、今後機会があったらこのブログで残りを紹介したい。

この本も大概の図書館には置いてあるのではなかろうか。捜してみてはどうですか。

FC2 Blog Ranking