最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

久しぶりの「悠遊迷球会」

今回は我がホームコースでラウンドした。
前回の6月15日は“経済産業大臣杯福岡地区予選会」に4人で参加したもののその時は二人ずつに別れて他のチームの人達とラウンドしために、4人一緒にプレーするのは5月以来である。
ラウンドも楽しいが温泉旅館での飲食しながらの懇親会もまた楽しいはずだが、
今回は安部前総理の突然の辞任のことで「情けない、無責任だ、選んだ国民が悪い、自民党の人たちは“日本が大変だ”では無く自民党が大変だといっている」などアルコールのせいもあり、声が段々大きくなっていった。
いつもならゴルフの疲れと、アルコール・お腹いっぱいの食事のせいで10時ごろには4人とも眠ってしまうのだが、昨夜寝たのは11時半過ぎだった。

今朝食事をしながら、いつもなら夕べの内に話しが出るはずだった、お互いの健康状態について、それぞれのストレッチのしかた・腹筋の鍛え方について、またゴルフ練習・プレーに対する考え方なりを言い合った。今朝の朝食時間は1時間を少し越えていた。

ゴルフラウンドについて思い出してみよう。
天候は全般的には曇り、時折秋の気配を感じさせるような冷やりとした風が吹いていた。しかし直射日光が腕に当たるとまだピリピリする痛さを感じた。
自分のスコアは3日前にラウンドした時とは7打悪い89(9月10日の時と同じ)とストレスの溜まる結果だった。
まずパットが悪すぎた。カップをなめたのが3回あったが、これがショットにも影響した。3日前は;真横に30cmぐらい引いてトップに持っていく”これでうまく言って大満足だったが、今日もドライバーショットでは大した問題なく出来た。でもアイヤンショットで迷い(アイヤンショットは左に引くことを考えない方が良いのではないかなどと)があってダブリあり、トップあり、飛びすぎありでスコアはまとまらなかった。3人からは余り考え過ぎないようにと言われた。

4人のスコアをダブルペリアで計算してもらったら、自分はビリだった。
グロス80のH氏はHDCPが8,4でNET 71,6、
グロス91のY氏はHDCPが15,6でNET 75,4
グロス97のW氏はHDCPが22,8でNET 74,2
グロス89の自分はHDCPが12でNET  77
グロス89にしてはハンディが12は厳し過ぎるが、仕方がない。

H氏は6月15日にラウンドした時にキャディーについてくれたコースの研修生からスイングが早すぎると何回も指摘されたそうですが、その後ゆっくりしたスイングができるようになって好スコアが出るようになったと言っていました。
Y氏は今年の前半“五十肩”と“腰痛”で苦しんだが、最近はどちらの状態も良くなったと言うことだった。体調も良よくなった事でゴルフの好調さが予感できていたようだが、ちよっとした手違いから(?)結果はうまくいかなかったようだ。このスコアには大いに不満足だったと思う。今日は自分と同じようにパットが決まらなかった。
W氏はサウスポーです。ティショットは大半をドライビングアイヤンでする。ボールに当たったときの感覚で、“ミスショットした事をいち早く感じるそうで、よく「あー」と声を出していた。その割には大したトラブルにはなっていないことが多かった。兎に角パットが上手だった。

自分のラウンド内容を数字で示せば、パーが5、ボギーが10、ダブルボギーが2、トリプルボギーが1、前半後半それぞれの上がり3ホールは両方とも1オーバー、最低目標のパープレーは出来なかった。
しかも前半のスコアより後半が1打悪かったことも不満の一つだ。
ゴルフは難しい!
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

前の日になって閃いた!

9月25日 晴れ時々曇り、一時雨。日差しは強かった。風は時々強く吹いた。
全長約5900ヤード。丘陵コース
今日はいつもの身内3人だけでは無く、1昨年台所を“システムキッチン”に改装したときにお世話になった会社の担当者とラウンドした。
その人は以前「自分もゴルフが好きだが、勤めの関係でラウンドは勿論練習に行くのもまま成らない」と言っていた。
先月また室内を少し改良することになり、その人にお世話になった。
当然ゴルフのことで話が弾み「じゃ来月3人でラウンドする予定だけど一緒にどう」言ったら「是非お願いします」となり「迷惑を掛けないように練習します、楽しみが増えました」と言っていた。
実際相当練習したらしい。昨日も出勤だったが帰宅途中、練習場に行ったとのこと。しかも60球で帰る積りが120球も打っていささか手が痛いとか。
ゴルフ暦は10年位あるようだが、何分月一ゴルファーともいえない、年6ゴルファー(年に6回位)(こんな呼び名があるだろうか?)程度のラウンド回数らしい。
40歳台半ばの彼は、“テーラーメイド460MWT Sシャフト”1Wを数ヶ月前に買ったらしいが、三塚優子に負けないような飛距離が出ていた。まだ荒削りでスコアはまとまらないが、この1Wは「買って良かった」と満足気だった。アイヤンもテーラーメイドだった。
自分も1Wを今年中には買い換えようと思っているので、打ってみたかったが、彼はサウスポーのため、その1Wを借りて打つことは出来なかった。

最近の自分は調子が今一だったこともあり、21日にも練習に行ったが、しっくりゆかなかった。ショットが安定しない。「本番に強いから」と強がりを言って帰ってきた。それでも22日、23日と気になっていた。
以前特にアイヤンで引っ掛けが出て困っている時に、義弟より「トップに持っていく時に後ろに引きすぎ、30センチぐらい真横に引いてそれからトップに持っていくべきで、今そうなっていないよ」と指摘されたことがあった。その後引っ掛けは減って楽しいゴルフが出来ていたが、最近は逆に1Wでも右にスライス気味に飛ぶようになってきた。それはパチンのせいと思っていたが、昨日になってはっと思った。「そうだ真横に引きすぎているかも」と。
今日、INからのスタートだったが10番のティショットの時そこを意識して打った。問題は見事に解決した。
フェアウエイ真ん中にしかも距離が出た。飛び上がりたいぐらい嬉しかった。アイヤンショットもうまくいった。
距離感の悪さ、少々のミスショットは勿論あったが。

スコアはIN42、OUT40、前回ラウンドの時より7打も少なかった。パット数は32。
バーディ2・パー5・ボギー10・ダブルボギー1。
バーディの1つ目は18番370ヤードの打ち下ろしのパー4、2打目は前上がりで、左に引っ掛けやすいために、8Iを短く持ってハーフショットした。ピン右斜め上6m位にオン、ラインは下りだが逆目、カップの向こう側に当たってインした。
2つ目のバーディは8番ショートホール、120ヤードだった。PWでフルショットした、ピン左下150センチ位にオン。軽いスライス、真ん中から入った。
今日はINの上がり3ホール、OUTの上がり3ホールがそれぞれ1アンダーで上がれたことが大満足である。
ゴルフは楽しい!!
FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

 コーチは義弟

昨日の朝9時前、義弟から「昼飯を用意するから家に来ないか、その後練習に行こうよ」と電話があった。家内も行くと言う。

自分の悪い癖を直してくれるのが義弟だが、家内(姉)のコーチも義弟だ。

義弟は教えるのが上手だ。(スコアは自分の方がラウンド回数が多い分良い)そのため家内もうまく成ってきた。最近は教えられる事が少しずつではあるが出来るようになってきている。

体が早く左に移動すると、しっかりとしたフォローが取れず、パチンとボールに当たってしまう。この場合必ずと言って良いほどスライスする。あるいは力のある人なら斜め右にフェードぎみ飛んでいく。

家内(自分もいまだにその傾向があるが)はボールを打ちにいって、上半身が左に流れる為、体が開いてしまい、“パチン”になる。

「ボールを打ったあと体を回せ」「下半身はドッシリと構えて、手先で捏ねるのではなく、肩と一緒に腕を振る、体が回ると腰はあとからついてきて回る」また「ボールの先にもう1個ボールが在ってその2個目のボールを打つようなイメージで打て」と義弟は言い続けてきた。

そのお陰でまずドライバーショットが良くなってきた。幾ら打っても、いくら言い聞かせてもスライスしていたが最近は右への曲がりが小さくなり、練習場中央に飛ぶ回数が多くなっている。
ナイスショットで140ヤードから150ヤードは飛んでいるようだ。

本人は「トップが決まったらいいショットが出るようだ」といっている。

5W(ユーティリティではなく、古いクラブ)もそれなりに安定してきた。


自分も力むと早く体が開いてしまい、その結果「パチンショット」になって“ミスショット”に繋がる。

今日も“トップはコンパクトにして(振り上げないで)ボールの一個先(左側)を打つイメージで、フニッシュをしっかり取る”を心掛けた。

クラブが風を切るときの音がボールに当たる前に大きいようでは距離が出ないし、ボールは真っすぐ飛んでくれない。

前回のラウンドではアイヤンショットの切れが悪く、パーオンが少なかったが、一種のパチンショットになっていたようだ。何球か打って気がついた。

「ボールの一個先を打つ」意識が希薄になっていたようだ。


義弟からは「兄貴は注意したらすぐ直るけど、忘れるのも早い」と言われている。

自分の好きなティーショットの球筋は「ハイドロー」最後のほうはこれが出ていた。

ところであなたのSWは何度ですか?何ヤード飛びますか?
自分のは56度ですが、70ヤードしか飛ばない(飛ばせない)。
80ヤードは飛んで欲しい。
AWで100から110ヤード飛ぶので75から95ヤード前後の距離を打つのに困る。AWでハーフショットのは練習はしているが。

TVで「平成ゴルフ向上委員会」なる番組があるけど、この中で、渡邉副委員長が「自分は56度のSWで80ヤードしか飛ばない」と言ったけど、桜井有希プロ(京都出身・二十歳そこそこの新人)は58度で80ヤード飛ぶそうです。

自分は150ヤード前後は7Iで打つけど大概の女子プロとは同じ番手と思っている。




FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

中2日でのラウウンドは!

現役時代の先輩方3人とのラウンドだった。「1度私のホームグランドでやりましょう」が実現した。
毎週月曜日は「セルフデー」で料金が安いので今日ラウンドすることにした。

「遅くとも30分前には着くように」と若い頃に指導され、あるいは若い人たちに言ってきたが、この先輩方はいつも早く来ることは知っていたので、自分も今日は1時間前には着いたのだが、それでも2人はもう着いていた。もう一人も自分より10分ぐらい後に見えた。

1人は飛ばし屋、1人は堅実に、もう1人は(S、12年生まれ)今年初めてのラウンドだそうだ。定年退職してからは随分ラウンド回数が減ったということだった。

朝夕は秋の気配は感じられるものの日中は暑かった。イオン水入りの500mlボトル1本では足りなかった。

真夏のラウンドより今日は疲れた。原因は良く分からない。スコアが悪かったからか、疲れていたからスコアが悪かったのか(スコアが先か、疲れが先か)
先輩たちに気を使いすぎて疲れたというようなことは無いと思うのだが。

トータル89、やっとのことで80台。全てのショットがずれていた。
強いて言えばアイヤンショットかなー。アプローチもいつものようには寄らなかった。少しずつ狂っていた。寄らないとパット数も増える。2日前は29パットだったものが今日は34パット。このゴルフ場は2グリーンで今は高麗グリーンを使っている。高麗グリーンを使っている所は少なくなっていて、飛ばし屋の先輩は久ぶりに高麗でやるよ、言っていました。しっかり打たないとカップ手前で切れてしまう。分かっていても今日はそれが出来なかった。皆も苦労していた。

2日前は2つのバンカーショットのミスでスコアを崩したもので、それ以外のショットは満足できたのだが、グロスでは3打しか多くないのに今日は随分打ったような気がした。今日は満足できるショットはテーショットの2本だけ、ショートアイヤンは引っ掛けていた。パーオンが4つしか無いのがその証拠。
まだ夜の9時前だがもう眠い。それに観たいTVがある。
今日の日記はここで終わりとしたい。
FC2 Blog Ranking
月1回の「シニアゴルフコンペ」に参加した。

1位から15位までは連続して賞(商品券)がもらえる。15位以下は20位、25位と飛び賞がある。今日は88名の参加だった。

優勝するには少なくとも5アンダー、時には8アンダーぐらいを出さなければならないから、今日も優勝は無理としてもまず15位以内、出来れば10位以内に入りたいと思って参加した。

2日前に練習に行った時はショットが不安定で、今日のスタートは大いに心配だった。


それでも10番から15番までは4オーバー、練習のときのショットを考えれば上出来で、これなら悪くとも42,43ぐらいでは上がれると思った矢先、16番で2打目をバンカーに入れた。以前は苦手だったバンカーショットだが最近では“バンイチ”も出るぐらい自信を持っていた。でも「ホームラン」を打ってしまった。グリーン奥の藪の中。さすがキャディー「よくみつけたなー」と言うような所。ボールに当てるのがやっと、しかもグリーン奥のバンカーを越えなければオンしない。うまくいくはずが無い。案の上6オン。ダブルスコアの8、ガックリきた。前半の残り3ホールをパー・パー・パーで切り抜ける、これも毎回心掛けていることの一つだ。しかしその最初のホールで8を叩いてしまい「今日はこれで終り」の心境になった。そう思いつつも8,9番とパーが取れたら「まだなんとなる」と思い直してみたが結局ボギー、ボギーでトータル46。「15位以内の入れる可能性ゼロだ」

約1時間の休憩で気を取り直し後半(アウトコース)に入った。1番ロングホールはパー。しかし2番から4番まではボギー、この間パーが取れず嫌な感じがしていたが、その予感が当たった。また2打目をバンカーに入れてしまった。1度ならずもまた「ホームラン」向こう側の斜面に当たってグリーンの方に戻ってきた。パートナーの1人が「OBにならずに良かったね」といってくれたが慰めにはならなかった。ダブルボギーとなった。またもガックリである。こんな調子でもたもたしていたら、90を超えてしまうのではと“マイナス思考”になってしまった。6番ロングホールに行く前に茶店がある。トイレを済ませ、キャディーに缶ビールを買って(これが良かったのかも)4番目にショットした。決していい当たりではなかったが2打目を残り100ヤード付近に置けた。ここはグリーン手前に池があり、半端な距離を残すとパーが取りにくい。キャディーは「ピンまで95ヤードで打ってください」と言った。右前方からの軽いアゲンスト、AWで少し加減して打った。ピンに真っ直ぐ飛び、カップのすぐ近くに落ちた。なんとピン奥60センチ位の所に止まっていて、バディーが取れた。

嬉しかった。「さあー残る3ホール」気合が入ってきた。ティーショットは完璧だった。ファアーウェーど真ん中、距離も出た。ここはパー、つぎの8番ホールはショートホール、ピンのほぼ横といって良い所でピンまで6mぐらいのラフに止まった。アプローチにはSWを使うことが多いのだが、ピンまで近いこと、少し下っていることからAWでパットするように転がした。少しダブッタ、これが良かった。チップインバーディだ。こうなると欲が出てきた、と言っても残りは1ホール。パーを取ればアンダーが出る。9番のティーショットは悪くは無かったがアゲンストで距離が出ず2オン出来ず、ボギーとなった。結局グロス86、ネット72,1と何とか格好がついた。文章が長くなったのでコンペの結果を書いて終りにするが、思いがけずに13位に入賞していた。少し秋めいてきたこの日、ガックリし、やる気を出し、またガックリと忙しい1日だった。「終り良ければ全て良し」最後は気分よく帰って来た。

(注)「バンイチ」とはバンカー内から打った後、次のファーストパットでカップイン出来た場合をそう言う。「バンカーから1回での意味」
FC2 Blog Ranking