最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
11月27日(火)、「佐賀クラシックゴルフ倶楽部」でラウンドした。
白マークからは6059Yと言うことだった。
メンバーは“悠遊迷球会”の4人。
1日中曇っていて、午後からはベントグリーンの傾斜が読みにくい程暗かった。

新しいドライバー“バーナー”にしてから3回目のラウンド。
25日の練習場での結果からして、まだ不安はあった。

1番パー5、約510Y。第1打は右に大きくそれ斜面に当たって戻ってきたものの、前上がりのラフの中。2打目は140Y位しか飛ばず、3打目の残りは160Yぐらいと言うことで6番アイアンで打って右斜め下4m弱にオンした。
バーディーパットは惜しくも外れたが、パーでのスタートで少し気分が落ち着いた。
2番3番とパー。久々の好調な出足である。
ショットはアイアンを含めまだ不安が残っていたが・・・。
4番パー4、約370Yは3オンもできず、ピンから約6m(歩測で)右横のセミラフ。パターが使えるとの判断から、打ったら見事にカップインしてのパー。

これで大分落ち着いた。しかし高揚は余りなかった。

5番パー5は4オン1パットのパー。ここまで1アンダーである。

周りが少し騒がしくなってきた。

次に6番は300Yそこそこの短いパー4。2打目のボールはピン右横5m弱のグリーンエッジより更に外にあった。同伴のH氏が「これも入るんじゃないの!」と言った。自分としては狙っては居なかった。軽いスライス、パターで打ったら本当に入ってしまった。

本人より周りが“興奮した”

更に7番パー3、キャディーのRさんは「ピンまで163Yです。アゲンストの風が吹いています」と言った。
6番アイアンで「ショートしてもいいや」と思って打ったボールは少しピンより左に飛び出したが、グリーン左の谷から吹き上げていた風に戻されて、ピン右に向かって飛んでいった。落下地点はピン右下、ボールはカップに向かって転がっていくのが見えた。同伴の3人が「入るんじゃない!」とか「入れ!」とか叫んだ。
ボールは無常?にもカップの向う側数センチのところ(想像だが)を転がって、左斜め少し上40cmに止まっていた。勿論バーディー。
8番パー4は2オン、2パットのパー。
9番ホールもパーなら、OUTは2アンダーと言うことになる。
過去1アンダーは2回あるが2アンダーはない。
400Yを少し切っていたと思うが2オンできずピン約3mに3オン。ファーストパットはカップを舐めるように転がったが、 ボギー。

「35」は思いも寄らない結果だった。

勿論気分は良かったが、不思議と興奮はしていなかった。
「よーし、今日は70台を出すぞ」などと言う気持ちには何故か全然なっていなかった。

後半INは“入れ込んでいた”訳ではないのに46も叩いてしまった。トリプルボギーが1、ダブルボギー1、3パットが3つと散々だった。

“入れ込んでもいけない”といって“目標なし”でもダメだと言うことを痛感した。

ゴルフは楽しい! それにしても難しい!

その夜の懇親会の状況については次の機会にしたい。

スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
熊本出身の2人が最終組で回った。
3日間終わって5打ビハインドの古閑美保が今日最終日、不動祐理に前半で追いついた。

12番パー3、140Yでティーショットを左奥に外した不動だが、パットで打った2打目がカップイン、バーディーで1歩リードした。
それに対し14番パー4、393Yで古閑も3m足らずのバーディーパットを決めて再び追いついた。
16番パー3、171Yで誰もが予想しなかったことを不動がやってしまった。
ティーショットを左ラフに打ってしまって、2打目はグリーンオーバー、3打目はカップを過ぎて3m(画面ではそれぐらいに見えた)に止まった。
この距離をワンパットで決められず、痛恨のダブルボギー。

最終18番、400Y。古閑、不動とも2オンした。2人ともファーストパットが僅かに外れるというナイスパットを魅せてくれた。
古閑のノーボギーは立派だった。

古閑美保(彼女の顔を見ると鉄腕アトムを連想してしまう)ちゃん

優勝おめでとう。

不動は我々がゴルフ場で観戦した5月の「ヴァーナルレディース」でも逆転負けをしている。
一昨年までの不動は最終日が強かったのだが。

今日もゴルフの素晴らしさ・凄さと怖さを魅せつけられた。
FC2 Blog Ranking
「騎士たちの一番ホール」を図書館から借りていたが、内容が面白くまた役に立ちそうなので、近くの書店に注文取り寄せてもらったら、今日手元に届いた。
もっとも単行本はもう発売されてなく、文庫本しかないとの事だった。
すでに読んだ人もいるだろうけど、読んでいない人のためにまた少し紹介したい。

「怒りは最大の敵である」 ノーマン・フォン・ニーダ

豪打の主として知られたプロのレオナルド・トンプソンは「瞬間湯沸器」の異名を持つトミー・ポールと並び称される短気者だった。
例えば1978年のクオドシティ・オープン最終日、14番が終わったところで彼は首位に1打差まで迫っていた。15番のロングホール、ここで自慢の豪打が爆発、2打目も5番アイアンでらくらく2オンだ。もし1発で沈めたら一躍トップに浮上する大事な場面、キャディもしきりに生ツバを呑みながら旗竿に手を添えている。
いよいよイーグルパットの構え、やがてボールは軽やかにヒットされた。ズンズンやってくる白球の軌道も申し分ない。キャディはいまこそ自分の出番だと察知した。そこで先輩から教えられた通り、派手なパフォーマンスでイーグルに花を添えるべく、
「いいぞ、よしよし、もっと転がれ、カップに入れ!」
身振り手振りのタコ踊りまではよかったが、その弾みに耳のうしろに挟んでいたティペックがポトリと落下、信じられないことに転がってきたボールがそれに乗り上げて進路を変えてしまった。
余りの事態に呆然としていたトンプソン、ようやく唸り声を上げながら体制を立て直すと、近くにいた役員に尋ねた。
「あれは一体どうなるんだ?」
「なに簡単なことさ」役員は明るい口調で答えた。
「クラブ以外のものでボールを打った場合、2ペナルティが科せられる。知ってるかい?」
それを効いた次の瞬間、グリーンエッジに立ててあった自分のキャディバックを思い切り蹴飛ばした。哀れキャディバックは斜面に沿って池に転落、あわてて駆け寄ったキャディが4番アイアンだけは拾い上げたが、残りのクラブは池のそこに沈んでしまった。
イーグルのはずが「6」になった彼は、残り3ホールを4番とパターの2本でプレーして全てボギーの上がり。さすがトッププロは凄いとギャラリーから感嘆の声しきりだったが、肝心の成績は14位。怒りがゴルフの敵であることを証明した。
翌1979年のカンサス・オーシャン杯に出場したトンプソンは、またしても失敗をやらかした。・・・・・・

「多くの人が、練習場ではライオンに、コースに出ると臆病者のニワトリになる」 
 トマス・サイモン

「不安と緊張が、このゲームを限りなく愉快にしてくれる」
 トム・シンプソン

「殴られて言うことを聞く者はいない。たまにはボールの身にもなってごらん」
 ハーピー・ペニック

「ゴルフは小技がすべて、まず50ヤード以内のアプローチから始めよ」
 ロバート・ディクソン

「ゴルフには“わかった”と叫びたい一瞬がある。たちまちもとの世界に戻ろうとも、不感症の人よりも幸せだ」
 P・Gウッドハウス
FC2 Blog Ranking
今朝も冷え込んだ。義弟の車のフロントガラスは薄く凍っていたと言う。
3番ホールぐらいまでは日陰になっていたラフにはまだ霜が残っていた。
8時28分スタート。風が弱かった分、プレーには大きな影響はなく
日中の気温は10度を超えたようだ。

新しいドライバーテーラーメイドバーナー”には少し馴染んできた。
一口で言えば「うまく打てればゼクシオと大差はない」と言う感じ。
今までのドライバーよりボールが上がるので、余り飛んでいないのではないかと行ってみると、そこそこの距離は出ていた。芝の上を転がる(ランする)より、
空中を飛んで行った方が飛距離は出るということだと思う。
(以前ゴルフショップのて店員が確かそのようなことを言っていた)

素人がやることだから、これからナイスショットがドンドン出ると言うことにはならないだろうし、
スコアと言うことからすればアイアンショット、パットなどの良し悪しで違ってくることで、ドライバーのせいだけには出来ない。

今日はそのアイアンショット、パットが余り良くなかった。特に前半は2打目が悪く、引っ掛け、プッシュアウトをして、パット(17パット)までも上手くゆかず、グロスは47。
後半はドライバーの安定とアイアンもショットも良くなり、パット数は15でグロスは40。
バーディーが2つあってのグロス87は「楽しかった!」とは言いがたい。
しかし「そんなに不満足」でもなかった。

過去3年半使ったゼクシオを義弟に譲ったが、これを使っての彼のショットが凄く飛ぶ。
きれいなハイドローが出る。ナイスショットは260Y以上飛んでいた。

57歳の彼は、身長163cm、胃がんの手術で胃を3分の2失って現在の体重は57~58kg位だと言うが、馬力がある。
本人はRシャフトではなく、SRならもっと安定したショットが打てると言うが、このクラブに馴染んだらスコアも縮むはずだ。


FC2 Blog Ranking
今朝6時40分、我が家を出た。外は明るくなって居り、暫くスモールランプだけを点けて走った。
5分後、義弟を乗せて河川敷ゴルフ場へ向かった。
家を出て約20分走ったら、赤い太陽が少し昇っているのが見えた。
スタートして暫くは長袖シャツにベストでも寒かったが、昼前になって南風が吹いてきて
汗ばんだ。

スタートしたのはゴルフ場の時計できっかり7時50分だった。

1番ホールはパー3のため、2番パー4で、ドライバーを使った。
他の2人が注目する中のショットは、センターへ飛んだ。ほっとした。
アゲンストだったこともあり、距離は出ず、205Yぐらいしか飛んでいなかった。
(このホールにはティーグランド中央から200Y、250Yの地点に色の違った旗が立ててある)
3番パー5でのショットは左に引っ掛けて1ペナルティーゾーンに入ってしまった。

この河川敷ミニコースは1Wを使えるホールが11ヶ所あるが、
右サイドに止まったホールは1回だけ、あとはフェアウエーセンターより左に飛んだ。
ドローが多かった。(持ち球に近いが今日は曲がりが大きかった)
慣れるには時間が掛かることは承知のことだから、ショック全然ない。

ただ前の1W(ゼクシオ)にくらべて“飛距離が落ちる”かも。

来週19日のホームコースではどんなことになるか楽しみにしたい。

家内のプレーについて少し、書いてみたい。

新しくなったユーティリティの4Wとアイアンで3回目のラウンドだが、
今日も“未知との遭遇”が沢山あった。
OBが4回あったが、101で終了した。(パー69)
108Yパー3では7アイアンで1オンしてパー、次の128Yパー3では4Wで1オンしてパーと
連続してのパーは始めて、それに18ホールでパーを4つ取ったのも初めてだった。

道具が良くなったことに加えスイングを変えたことの成果が出てきた。

今日も二輪車を押したり、引いたりの4時間15分だった。
FC2 Blog Ranking
新しいドライバーで練習場に行った。

ゴルフショップで試打し、本コースでも打ってその良さを確認して決めたのだが、
矢張りラウンド前に一度打ってみたかった。(15日に河川敷でラウンドする予定)

今までの1W、ゼクシオはグリップを換えたために、クラブの総量は
(ショップで計ってもらったら)305gだった。新しい1Wは293gと12gも軽い。
軽いと言うメリットは“ヘッドスピードが上がる”
デメリットは“振るスピードが上がる”分、上半身と下半身の動きが今までとは
微妙に違って来る。(バランスが崩れる)

本来フック系を打つ自分だが、今日の練習でもフック、ドローが出た。
それを嫌って打つと右に押し出すような玉筋になった。
“まあまあのショット”は数回しかなかった。

不満や不安は残ったが、暫くは気にせず早く“馴染む”しかない。

昨日まで「ゴルフ・三井住友VISA太平洋マスターズ」でプレーしていた、
トッププロのアダム・スコット(オーストラリア)さえ、「新しいアイアンを使い
はじめて日が浅いために思うようなショットが出来なかったようだ」と
解説の岩田氏が放送で言っていた。

トッププロでも“馴染む”のに少しの時間が必要のようだが、素人の自分は馴染むまで
相当の時間が掛かることを十分承知していなければならないと、改めて思った。

その時間を短縮するためには、練習しかない。


それにしてもA・スコットの18番パー5での2打目は凄かったぁ。
“イ-ジーイーグル”だった。
最終組の他の2人、B・ジョーンズのイーグルパット、
谷口徹のアプローチショット、これも見事だった。

目の前でそれを見ることが出来た人は幸せだ。

FC2 Blog Ranking
約1ヶ月掛けて、ついに新しいドライバーを手に入れた。

「低反発・USGAルール適合品 バーナードライバー

テーラーメイド史上最大級の慣性モーメントとスーパーファスト・テクノロジーで、
爆発的な最大飛距離を”
この宣伝文句に踊らされたわけではない。

時間を掛けた分パンフレットも読んだし、試打も沢山させてもらった。
パンフレットを読んだり、TVコマーシャルを見ていると、どこのメーカーのも
実に良く見えて大いに迷うことになった。

最終的にはバーナードライバーとキャロウエイ社のHYPER E・R・Cの2種類に絞った。
その理由はどちらも“ヘッドスピードが上がる” “安定したミート率が出る” “距離が出る”だった。

最後まで迷った挙句、「バーナー」に決めた。
決め手
 その1 ERCの方は“フックフェース”になっていること。
元々“ドロー系”を打つ自分としてはフックフェースは必要ない。
 その2 バーナーを使って実際ラウンドして“いい感じ”を体験していた。
 その3 バーナーのほうが1万円程度安く買えた  ことである。
(メーカーの希望価格は元々バーナーの方が安い)

      バーナーよ、孝行息子になってくれー!!

ゴルフ・伊藤園レディースで
北田瑠衣(福岡出身)、2日目が終ってトップに。
優勝なら勿論、5位以内なら来期のシード権ほぼ確定、頑張れ!

11月11日、伊藤園レディースで北田が3人によるプレーオフで勝ち残り優勝。
シード権も獲得できて、今期最高の日となる。
3年ぶりの瑠衣スマイルが見れて良かったぁ。
FC2 Blog Ranking
“なつさか けん”(1936年横浜市生まれ)という作家を知っていますか。

以下の著書を“ゴルフ気違い”の人でなくても、面白く読める本として、お薦めしたい。
噴出したくなったり、成る程と感心したりと肩の凝らない本といえる。

自分が氏のゴルフについての著書を最初に買ったのは1993年で
だからゴルフはやめられない」 毎日新聞社 
   ISBN4-620-30932-X C0075 P1500E である。

どこの図書館でもまだ置いてあると思う。(自分が住んでいる市の中央図書館にもある)

今では氏の著書は3冊持っている。
2冊目は
「ゴルフを以って人を観ん―緑のお遍路さんたち」 日経ビジネス人文庫
   1SBN4―532―19077-0 C0175 ¥600E

3冊目は
ゴルファーを笑え!」 新潮社
   1SBN4-10-387901-7 C0075 P1500E


夏坂さんは2000年1月19日に亡くなった聞いているので、その後新刊はないはずだ。

今日は図書館から“騎士たちの一番ホール―不滅のゴルフ名言集”を借りてきた。
この本の初版は1997年11月で、日本ヴォーク&スポーツマガジン社発行。
   ISBN4-529-02811-9 C0075¥1500E
目次は
第一章 ゴルフの精神  第二章 ゴルフの素顔
第三章 ゴルフの機敏  第四章 ゴルフの技術  からなっている。

内容を少し紹介したい。

「1ホールの中に、人生のすべてある」(ラジャード・キップリング)

「ゴルフは、人生第二の伴侶」(ウィリアム・シンクレア)

「尽きることのない知的興奮、爽快な散歩。ゴルフが人間の発明した“究極のゲーム”であること、疑いようもない」 (ホレス・ハッチンソン)

「ゴルフでは、得意の絶頂から奈落の底に転落するなど、珍しくもない。まさに人生そのものだね」(トム・モリス・シニア)

「あらかじめ、私は目標スコアを決めてスタートする。それで勝てばよし、負けても納得がいく」(グッレグ・ノーマン) など

ゴルフ狂の先人たちの喜びと苦労が伝わってくる名言が60とちよっと書かれている。

これらそれぞれの名言について、夏坂氏が2~3ページ費やして、エッセイを書いている。

お気に入りの名言を幾つか持ってのラウンドは更にゴルフを楽しくすること請け合いである。
今日は全てを紹介出来ないが、今後機会があったらこのブログで残りを紹介したい。

この本も大概の図書館には置いてあるのではなかろうか。捜してみてはどうですか。

FC2 Blog Ranking
「ゴルフ・ミズノクラシック」での上田のゴルフはナイスショットの連続だったが、勝負どころでのパットがよく決まった。

2日目が終わったところで、岡本プロから「ショートパットはもっとゆっくりと」とのアドバイスを受けたらしいがそれをしっかり実践できていた。

7番、パー5のアルバトロスは素晴らしかった。TVで何回観ても“すごい!”と思った。
日本ツアーでは8人目らしい。

15番ではドライバーショットを先に打ったマリア・ヨースのボールに上田のボールが当たり、上田のボールはラフに止まった。アンラッキーだった。
心配された通り2打目がフライヤーになりグリーンをオーバー、
この時点でボギーかと心配した。
更に3打目はカップの下、2mは十分あったようだが、
しっかりヒットしてパーを拾った。“流石桃子!”だった。
ここでも落ち着いて“ゆっくりとしたパッティイング”が出来たようだ。

16番、パー5のバーディパットも落ち着いていた。
素晴らしかった。

ここで、“優勝が見えてきた”のではなかっただろうか。

賞金女王の可能性がぐっと高まった。

こここのところの上田桃子は“謙虚”である。
名実ともに“女王”になって欲しい。


FC2 Blog Ranking
11月2日(金)、曇りで最高気温は15度ぐらい。年配のキャディーは午後になってからでも「寒い」と言っていた。手先が冷たさ感じた。昨日と比べて6~7度低かったとの事。

メンバーは74歳、71歳、65歳、64歳の4人でラウンド。自分が一番若い。
高齢になってもゴルフをする人は皆若い。
S、8年生まれのこの方は昨日もラウンドしたとの事。
憧れる。果たして自分はあの年齢までゴルフが出来るだろうか。
節制してあと10年、それ以上を目指したい。

今日の成績は84人中11位(9月は13位だった)、商品券2000円をゲットした。

INからスタートだった。11番ロングホールで3打目を失敗してグリーン手前の深いラフに入れて
トリプルボギー。それ以外のホールはパ-とボギーで、前半の9ホールは41。

後半のアウト、2番ホールでまたトリプルボギー。右ドッグで打ち上げていくミドルホール。
ボールは真っすぐ飛んだが、狙いより右だったことに加えアゲンストだったためにOBライン手前に落ちてしまった。
4番ホールはハンディキャップ1番だがここでは2打目を大きく左に打ってしまい、4オンとなってダブルボギー。
結局 OUTは 44、グロス 85、NET 71、1。 71、1が3人おり、
プロのトーナメントなら“9位タイ”と言うところだが、年齢順で11位となった。
15位までが入賞で、後は20位から5位ごとに“飛び賞”がある。

パット数はIN,OUTとも15だった。3パットが2回あったが30で終って良かった。
先々週の男子プロのトーナメントの時、片山プロパットをするとき、誰かの真似をして、両足をくっつけて(スタンスを殆ど取らずに)やって見たら上手く行きだしたとの話が解説者からあったので、自分も真似をしてやってみた。

目がきつい高麗グリーンでは流し込むようなパットはカップ蹴られることが多いが、スタンスを狭くしてのパットはヘッドが出し易く、しっかりと打てて1,5M前後のパットが上手くいった。

片山プロは余りプライドドを気にせず、他のプロに先駆けてユーティリティーを使うなど、良いと思ったらすぐ取り入れてやってみるそうだけど、大事なことかも。
FC2 Blog Ranking