最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

今年最後のラウンドは

今日は「セブンミリオンCC」で4組16人のプライベートコンペだった。
これには過去3回参加して2回優勝している験のいいコンペだ。

ところが・・・である。

スタート時間であった9時半分頃にはもう雨が降っていて、霧も出ていた。

“打ち急ぎをしない、力まない”を自分に言い聞かせながらの第1打は左のラフに。
前の木に当たるかもと打ったら見事に当たって30Yぐらいしか前に行かず、チョロチョロしながらやっと6オン。
行き成りトリプルボギー(Tボギー)。

それでもまだ1ホール終わっただけと、思い直して2番ホールのティーショットをしたが今度は右に大テンプラ、アイアンショットもおかしく、ここでもTボギー。

OUTはパーが4つも取れたのに47。

いつもならINは持ち直すのだが今日はもっと酷いことになってしまった。
内容はOUTと同じようにパーオンしないアプローチが寄らないなどパーは2つしか取れずスコアは50。

{今日は“ゴルフギライノ命(みこと)”が余程暇だったのか、一日中付きまとわれてしまった。いつもなら“ゴルフダイスキノ命も応援に駆けつけてくださり「ゴルフは楽しい!?」になるのだが}

今年のワーストだ。

今日はOBを3つも打ってしまった。OBは過去5ラウンドゼロだったのに。

自分としては“打ち急がない、力まない”を終始意識したつもりだが「どうしてこうなるの」と最後まで自問することの繰り返しだった。

優勝者は同伴者のS君でグロス98、ネット70,4 自分はネット79で13位という成績だった。

正月にしっかり反省しながら、来年の目標(控えめに)を立てたい。

スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
今年のラウンドは28日の1回を残すのみとなった。

H19年の目標は
1、ラウンド数は30回以上
2、4回に1回は70台を出す
3、アベレージ(AV)83台を出す 
だった

“目標は高く”だが高すぎた。

達成できたのは3つの中ではイージー目標である1番目のラウンド回数だけ。 実績はあと1回(28日ラウンド予定)を入れて32回。これは去年より11回多い。

2番目の目標は余りにも自分の力を過信したもので、恥ずかしい限りである。実績は31回の内79が1回出ただけ。 (80丁度はなく81が3回)

3番目については31回分のAVは86.7。

これは前半特に1~3月のAV91,6が響いた。

86台はここ数年変わらないAVである。

1月は1回だけのラウンドだったが90、
2月は2回で91と90、3月にコンペ(ラウンドは5回)が3つもありこれに間に
合うように年初から練習したのだが2月後半から焦るばかりで
3月に入っても80台は1回も出なかった。
それでも3月13日、黒潮CCでのプライベイトコンペ(4組)で スコアは92と不本意だったが、Wペリアで計算されたハンディキャップで 優勝をした。

そんな良いことがあったからではないと思うが4月に入って状況は全く変わってしまった。

4~6月のAVは85.1。 90以上は1回もなかった。

7~9月のAVは84.7。  

努力(?)の甲斐あってか結果が出た。1~3月のAVが嘘のようだ。


これからの続きは“振り返ってその2、その3”で。


FC2 Blog Ranking
夕べ義弟から「あした練習に行くけど兄さんは何時ごろ行く?」と電話があった。
別な予定が無ければ月曜日と金曜日は練習に行くことにしているので電話を掛けてきたようだ。
彼が自分から「行く」と言うのは珍しい。余程17日の結果が気に入らなかったようだ。
かすれ声も良くなり気分もいいし練習に行く積りでいたので10時過ぎに落ち合う約束をした。

彼は時折素晴らしいドライバーショットを放つが、それが続かない。
何故か「もっともっと凄い玉を打ちたい」との願望が強いためだと思う。(これは誰でも持っていることでそれは攻められない)

ただ少しプレーが遅い。
ティーグランドで「アレコレ考えずに感性で打て」と言うのだがは打つまでに少し時間を掛けすぎる。
これも安定したショットが出来ない原因のように思える。

確かに考えることが沢山あるから“ゴルフは難しい、奥が深い”に繋がっているとも言えるが。

その義弟が指摘することは的確である。

今日も「兄さんはクラブを放り投げる気持ちが薄いのでは?」と言われた。
言われたことをすぐに出来るのが自分の好いところで、忘れることも早いが(笑)
“引っ掛け”が出なくなった。普段も無意識の中である程度はやっているのだろうが、言われて“そうだ”と思った。

以前から「今日はフォローをしっかり取っていない」とか「今の打ち方は振り切っていない」など言われたことがあってその後ショットが良くなることはだびたびあった。

アベレージは自分のほうが良いのだが、彼の言うことは的確だけに素直に聞ける。

彼はゴルフを始めて1,2年の頃は「すぐにシングルになるよ」といわれた程上達が早かった。センスは良い、いい感性を持っている。
上記のように良いものを持っているのだから自信を持って“自分の感性で打て”ば、なにも自分が教えることは無いと思っている。

あとはスコアで良きライバルになって欲しいのだが。
FC2 Blog Ranking
こんなに間が空いたのは今年の後半には無かったことだ。
この間(かん)練習場には2回しか行っていない。

今日の気温予想は最低4度、最高は11度。実際の温度もこの辺りだったのでは。
ネックウオーマーもし寒さ対策は十分していたので、寒さではプレーに支障はなかった。
風は時々“吹いているなぁ”と感じる程度だった。

何時もなら第3月曜日は家内と義弟の3人でラウンドするのだが、
家内がどうしても年内に完成させたい“パッチワーク”があると言うことで教室に行かねばならず、今回は欠席。 高校の先輩であるMさんと3人でのプレーとなった。

義弟もMさんも「飛ばし屋」なのでレギュラーティ(6214ヤード)からプレーした。
1番パー5(512Y)で最初に打ったMさんが行き成り右にOB、自分は右ラフに、3番目に打った義弟は2発も右にOBを出すと言う荒れたスタートとなってしまった。
自分は3オンしたものの「お先にー」を外して3パットしてしまいボギー、Mさんは8、義弟は10(このスコアはOBの差)。

その後の義弟は8番でダブルスコアを出すなどで、アウトは50。

Mさんはその後も調子が出ず何時もより15打以上も多かったようだ。

義弟はインを44(バーディが1つ)にまとめて94だったが、1ヶ月前のスコアとは12打も多かった。自分が11月前半まで使っていた1W“ゼクシオ”にまだ慣れていない点もあって(打ち方も良くない)ティーショットは荒れていた。しかし芯を食った時の飛距離は凄くて50Yぐらい置いて行かれたのが2回もあった。

自分のスコアはアウトが42、インが44。
パット数が36というのは多すぎた。3パットは3回もあって、1パットは3回しか無かった。
スコア的には満足できなかった(心掛けている事の1つである“アウトよりインの方がスコアが良い”を達成出来無かったこともあって)。しかしもう1つ心掛けている“7~9番と16~18番は全てパーで上がる”は9番でボギーを打ったものの他の5ホールは全てパーで上がれたので良かった。

新しい1W“バーナー”には可なり馴染んできた。
FC2 Blog Ranking
忘年会で飲んで喋っている内に声がかすれてきたあの日から今日で10日目。

昨夜までの2日間、寝ている間の咳が出なくなった。気分も良くなり、元気も出てきた。

そうなると、練習に行きたくてウズウズしていた自分としては
「もう我慢できない(これは少しオーバーだけど)」と義弟を誘って120球打ってきた。

今日も運よくストーブの近くの打席で練習できたが矢張り寒く着込んで打った。

高年大学で知り合った人も練習に来ていた。時々休んではストーブの前で
この人と喋っていた為に1時間半以上練習場に居た。

打席はほぼ北に向かっている。今日の風向きは左前方からの
アゲンストでボールはいつもほど飛ばなかった、
病み上がり(?)の練習と言うこともあってか、
余り力んでいなかったようで
久し振りに満足できる内容だった。

芯に当たったボールは意外と風に流されないものである。

次のラウンドの予定は17日。
FC2 Blog Ranking
12月5日夜の忘年会途中から、かすれ(ガラガラ)声になって今日は1週間目。

言葉はいくらかはっきりしてきているようだが「風邪を引いたのか」と皆さんから良く聞かれる。
咳は出る(昼間は少ない)が痰は出ない、熱も平熱である。喉の痛みもない。
食欲はある。歌は勿論まともには歌えない。

6日から大事を取り7日の「シニアゴルフコンペ」をキャンセルして
回復を待つが、“中々”である。
昼間は何とかなるが、就寝中に咳が出て眠れないのが辛い。

7日の夜から、咳止めにとdl-カンフル、テレピン油、l-メントールなどが入った薬剤を胸に塗布してその上からタオルを掛けて眠るようにしているが、“いまいち”である。
知り合いから、正常に戻るまで2週間掛かったとか、1ヵ月掛かったとか聞くので、時間の経過を待つことにするが、今週のゴルフも行けそうにない。

行ってやれないことはないと思うが、家内からは ブーイング である。

今週は河川敷でのラウンドを予定していたが予約はしていない(到着順でプレー出来る)のでキャンセルをしなければいけないと言うことではない。その点気が楽だ。

夕べは結構な量の雨が降ったし、明日は大きなコンペが入っていて18ホールのプレーは相当の待ち時間が予想されるとの話であり、諦めることにした。
FC2 Blog Ranking
今日は楽しみにしていた「シニア会の月例ゴルフコンペ」の日だった。

このコンペでは9月に13位、11月は11位、今回は秘かにベスト10入りを狙っていたのだが、残念な結果になってしまった。
熱はないが声が出ない。喉がイガイガして、時折咳が出る。
雨も降りそうで(実際午前中は降った)、これ以上こじれて本物(?)の風邪を引いては困る。来週もラウンドの予定があるので。
今朝まで様子を見たが症状はよくならず、今朝7時半を待って、ゴルフ場にキャンセルの電話を入れた。

何故声が出なくなったのか、幾つかが重なった

まず4日(火)の12時45分にはある神社の境内にいた。高齢者大学の「郷土史」の館外授業がここであるためだ。
神社の由来、駒犬の雄はどっち?絵馬堂に掛けてある絵はどの位置に掛けてあるのが上位の絵か?拝殿と神殿の間に部屋があるがここはなんと呼ばれているか?何のためのものか?など教えてもらった。
またこの辺りは筑前六宿街道(長崎街道)の南端にあたる所で、肥前国と筑後国に接した宿場で、関所が置かれていた。
関所のあった所はどの辺りか、町並みはどんな様子だったのかなどを教えてもらい、授業が終わったのは3時10分頃だった。

このあと、家に帰らず、ゴルフ練習場に行った(これが原因の1つ目か?)今日のコンペに備えるために。
3時半から5時ごろまで、練習場で120球(いつもの球数)とバンカーで約30球を打った。この日は寒かった。(授業中も風が冷たく寒かった)
重油ストーブの前の打席が空いたので、時々身体を温めながらの練習となった。
この夜も次の日(5日)も“風邪を引いたかなぁ”という感じは全くなく、ゴルフコンペをキャンセルすることになるとは思っていなかった。

2つ目の原因?は、5日の夜、上記の高年大学「郷土史クラス」の人達で忘年会をやることになった。
昨年はやらなかったということだったが、折角同じ教室で教わっているのに、男と言う者は中々、会話が少ないものである。このまま1年を過ごして、ハイさようならと言うのは寂しいではないかとの思いから、自分が発案したのだが。
ここで飲み、食べている内に声が擦れてきた。(風邪気味だった?アルコールのせい?タバコの煙のせい・・これは間違いない)2次会に行くぞと言う頃には、大分ひどくなっていて、カラオケで18番(?)を歌ったが、途中声が出なくて皆さんには聞き苦しい歌になってしまった。歌うのが好きな自分としてはここでも残念。
忘年会出席の皆さんから、「こんな機会を作ってくれて有難う」といわれたのが救いだった。

忘年会の“言いだしっぺ”として最後まで付き合いをさせてもらい、途中でラーメン屋にも寄って(4人で)帰り着いたのは12時を過ぎていた。

予ては11時ごろには床に着く自分としては、遅すぎる帰宅だった。

昨日(6日)は大事を取って1日中外出もしないで、養生したが、今日のコンペには間にあわなかった。
今も声がかすれていて、“聞こえにくい”らしい。時折咳もまだ出ている。

FC2 Blog Ranking
男子ゴルフトーナメントの最終戦、「ゴルフ日本シリーズ」が終わった。

片山プロとの賞金王争いは、このトーナメントで2位に入った谷口プロ(ー10)が、15位タイ(ー4)の片山プロを振り切って5年振り2度目の

賞金王に輝いた。

ブライアン・ジョーンズの今日1日だけで9アンダーという素晴らしいゴルフで、谷口プロのこの大会での優勝はならなかったが、本人は十分満足できたのではないだろうか。

石川僚君は18番パー3で、多くのゴルフフアンを満足させた1年を締めくくる凄いアイアンショットを魅せてくれた。しかも難しいフックラインを1パットで決めてのバーディ(このホールで今日バーディを取ったのは石川君だけだったらしい)は表現し難い素晴らしいものだった。(この18番グリーンでは優勝争いをしていたトッププロたちが苦しんだ)
FC2 Blog Ranking