最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
                       {前回の続き}
キャロウェイ方式」はこうして・・・

そこで一同、自分の懐具合と酒量を考えながら帽子の中に
手を突っ込んだ。

かくしてここにめでたくHands in Cap
つまりハンディキャップが誕生したというわけ

この平等システムをゴルフに取り入れたのは、今でこそ市に
昇格しているが、18世紀初頭まで町だった
セントアンドリュースのヒューブ町長だったと
いわれている。

ハンディキャップが考案されたお陰でゴルフは老若男女が
対等に楽しめる素敵なゲームになった。

ところがオフィシャル・ハンディを持たない人がゲームを
する場合、どう腕前を査定するか。この難題をめぐって
イギリスでは猟銃をもちだし嘘のハンディを申告して勝利を
もぎとった相手を射殺する事件まで発生した。

マメリカ人のプロ、ライオネル・キャロウェイ
公正なハンディ算出法に頭を悩ました1人である。

そこで彼はハンディを決めずにスタートし、ラウンド終了後、
グロスと各ホールの打数からハンディを査定する方程式を考案した。

これが世に名高い「キャロウェイ方式」だが、
しかし法が出来れば必ずウラをかく者が現れる。
少し腕があればハンディ作成の参考にするホールを
推理して打数を調整するなど朝メシ前。

そのカラクリが次第にひろまって、
彼苦心の作「キャロウェイ方式」は次第に姿を消していった。

                           次回に続く

夏坂 健 著「だからゴルフはやめられない
(ISBN4-620-30932-XC 0075 毎日新聞社発行 
1500円)」から


自分の記憶では日本でも20年から25年前(確信はないが)
までは
「キャロウェイ方式」でハンディを決めていた。


スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
ハンディキャップはこうして決まった!?

ハンディキャップ制度が導入される前のゴルフ界も
ご多聞にもれず弱肉強食。 そこで
強いゴルファーは遠くから
へたなゴルファーは前から打つようになった。
今で言うバックティーは勇者のシンボルゆえに
「タイガー(虎の)ティー」
へぼが打つフロントティーは虎の餌食に由来して
「ラビット(ウサギの)ティー」と命名された。

17世紀から18世紀までの話である。

ところが、ある偶然から有利な人と不利な人が
地ならしされる画期的なシステムが誕生した。

ゴルフの本場スコットランドは、飲んべえの国である。
知った顔に出会えばそのままパブに直行してビールの
酒盛りが始まる。やがて人数が増えて、だれが
何杯飲んだものやら勘定不明の事態を迎える。
しかも大酒飲みと下戸では割り勘に不都合が生じる。

そこで頭のいい男がこう提案した。
「酔っちまう前に、あらましの見当つけて持ちガネを
この帽子(キャップ)の中に入れておく。
勘定が済んでもし残ったらそれを皆で分配すればいい」

夏坂健著「だからゴルフはやめられない
(ISBN4-620-30932-X C0075 毎日新聞社発行 
1500円)」から
。 

今ではハンディキャップがあるのは当たり前と思っていますよね。

          次回に続く

FC2 Blog Ranking
毎年1月と7月はハンディキャップが更新される。

今年前半は「12.9」と決まった旨のハガキが届いた。

過去の半年間は13.9だった。 1.0も減った。

素直に喜びたい

72+12.9=84.9≒85 こんな計算式を書くほどの事も無いが、

言いたい事はグロスのスコアが85ならネットは限りなく72であり

 “今日はパープレー出来た!” と喜べる。

  「ゴルフは楽しい!」となる。

HDCPを持っている人は取敢えずパープレーが「目標」だから。

これからはラウンド前に「今日の目標スコアは?」と

聞かれたら常に「85」と答えることにしよう。


今年のAV(アベレージ)目標を“86”と宣言したばかりだが。

FC2 Blog Ranking
 
今年は目標を控えめに。プレーは“謙虚に” 
   (昨年の反省から)

{無理して狙っちゃいけないよ♫} と
 くちずさんだ後ショットすることを心がける。
(小林幸子のヒット曲“思い出で酒”の出だしの節で歌う)

1.年間AVは86台 
(過去数年間のそれを維持、
今年の 結果次第では来年もう一度高い目標にチャレンジする)

2.ラウンドは25回以上

3.上がり3ホールはそれぞれのホールで “パー又は
  アンダー”を狙う。
  “前半より後半のスコアは1打でも少なく”
         (最後まで気力体力を維持して)
  
  (70台のスコア獲得目標回数は掲げない、
  結果として“数回出れば良いなぁ”といった程度)

目標達成の為には昨年からの課題である
“スイングを固めること”が肝心。

「健康を維持する」ためにゴルフをするという位置づけで今年もやってゆく。
「ゴルフを楽しむ」ために
  “ウオーキング” “柔軟体操” “腹筋運動” “腕立て伏せ”を続ける。
FC2 Blog Ranking
「その1」で昨年前半を中心に成績等を書いたのでここでは
それ以外のことに触れてみたい。

7~12月は17回ラウンドしている。
アベレージ(AV)は85.8 
1~6月は88.6だったから大変な違いである。 年間では87.03 
  因みに7~9月は84.7だった。(夏場に強い?)

後半は90以上が3回、年間のスコアは79~97まで18打の
差がある。
この差には我ながらびっくりしている。
結局70台は1度だけだった。

ゴルフを初めて約40年、その間での初体験はまず元日に
ラウンドしたこと、
次に7月、日田国際CCの2番ミドルホールで“イーグル”を
達成したこと。

初めてプレーしたコースは今年は4ヶ所。

昨年のゴルフは過去余り無かったような内容だった。

バーディも取れるようになったがOBも多かった(それ程
荒っぽいゴルフだったということになる)
前半(インあるいはアウト)と後半(アウトあるいはイン)の
スコアに開きがありすぎたこともそれを現している。
(この事は自慢の1つでもあってその差は2から3というのが
殆どだったが、昨年は自慢出来る内容ではなかった)
(OBの少ないのも自慢の1つだったが)

反省点は

1、調子が悪くなる度にスイングを変えたこと。
  極端に言えばラウンド毎にスイングが違っていた。

2、兎に角攻めて続けた(技術以上のことをしようとした)
  無理をした(無いものねだりをした)
FC2 Blog Ranking
今年1回目の「シニアゴルフコンペ」が今日あった。

自分にとって平成20年の“打ち初めラウンド”は3ホールを終わった頃から雨が降り出し風も出てきた。
雨が止んだら、枯れ葉はグリーン上では転がり、空中数mまで舞い上がっていた。
気温が高かったためにラウンド前に予想したよりプレーし易かった。
午後からは天気予報に反して12番ホールぐらいから雨は止んだ。

スコアはアウト43、イン44 ネット73.1で79人中12位。2000円の商品券をゲットした。
OBなしだが、バーディもなし。パット数32「あと2打は縮めたかったぁ」

昨年最後のラウンドより10打少なかったし、昨年は3月末までは一度も80台を出せなかったことを考えれば「良し」である。

“左足を蹴り上げる”ことで“左に引っ掛ける”不安が減ってきた。
と言ってもまだこの打ち方をマスターしている訳では無いので不安定なラウンドとなった。


表彰式の時にゴルフ場の人から説明があったが、今月から1部ルールが変わったそうだ。

1、自分が打ったボールがキャディや自分の持ち物・カートに当たった場合、改正では1打罰となった。

2、パートナーに残りの距離を教えてもらっても改正では無罰

3、バンカー内の誤球は改正では2打罰、
 
 最も注意しなければならないと自分で思ったのが、

4番目で 
グリーン上でキャディがボールの汚れなどを拭くためにマークして拾い上げあとプレーヤーが受け取ってグリーンに置いたら1打罰(キャディが拾い上げたボールはキャディが置かなければならない。その後、置き直すことは勿論無罰)                     
                これには皆驚いていた。

以上ご存知ではない方もあるだろうからお知らせします。

これ以外にも改正はあっているようだが、ゴルフ場の係りは「追い追いお知らせします」だった。
FC2 Blog Ranking
1月4日我が家を出て鹿児島の実家に寄り、妹たちを誘い指宿のホテルに泊まった。(走行距離は300kmを越えた)
砂むし風呂にも入りゆっくりとした時を過ごした。
部屋は鹿児島湾(錦江湾)に面していて翌朝対岸の大隈半島から上ってきたきれいな“日の出”を見ることが出来た。
この日は暖かく鹿児島市内に戻る途中の「道の駅」でおやつを食べていたらハエが飛んできた。道沿いには菜の花も咲いていた(満開かそれに近い状態)

この指宿は6日から始まるNHKの大河ドラム「天璋院篤姫」のゆかりの地ということで、ドラマの放送開始に先駆けて尋ねてみた。JR指宿枕崎線「薩摩今泉駅」にボランティアガイドさんが居るということだったが我々が行った時は全て出払っていて話は聞けなかった。

今泉家の墓と篤姫たちが遊んだとされる海辺近くで今は大きな駐車場になっているところまでは自分たちだけで行った。

放送もまだ始まって居ないせいか、「豊玉姫神社」や今泉家の菩提寺であった「光台寺」跡へのアクセスが悪く我々は行くことが出来なかった。

1月12日には「篤姫館」が指宿にオープンするということだった。

鹿児島市内の「篤姫館」は1月6日にオープンしたようだ。

高年大学で歴史を学んでいること、また鹿児島にゆかりのあるドラマということで自分としては今まで以上にこの大河ドラマに感心が高い。
FC2 Blog Ranking
午前0時半少し前に家を出て近くの神社にお参りした。

ここにはゴルフの神様は居られないようなので別な機会にお願いするとして「平和な世の中でありますように」と「家内安全」を祈った

ブログを書き始めて3年目になる。そもそも東京にいる息子から進められてのことだった。
家内も義弟も一緒にラウンドしていることから、我々のゴルフライフを息子達に知ってもらうためのもので“交換日記”的なものだった。(暫くはメールでやり取りしていた)これからも“楽しくもあり、落ち込むこともあるゴルフ”を伝えてゆきたい。

H19年のゴルフについて振り返れば「まあ~こんなもんだろう」と納得せざるを得ない内容だった。(目標から見れば可なり悪いが)

その点、今年の目標は謙虚に立てたいと思っている。

高い目標を持つのは悪いことではないが、この年(60歳代半ば)になったら“身の程”を知ってやっていかなければ “いかん ”という事を昨年の成績から学んだ。

今まではプラス思考が強過ぎた(もっとハンディキャップは少なくなるはず、飛距離はもっと出るはず、パットはもっと上手になるはずばかりを考えてきて)マイナスになることは全くといって良いほど考えてこなかった。

諦めないことは大切なことだろうが、願望が高すぎてもいけない。そうゆう事で、本当なら元日に目標・願望を決めるべきだろうがその辺りは鹿児島弁で言うところの「てげえてげえ(そこそこに、とか杓子定規に考えない、などの意味)」に考えて1月中旬ぐらいまでに決めたいと思っている。

なにぶん19年の反省ブログもまだ書き終わっていないので。
FC2 Blog Ranking