最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
今年2回目の河川敷でのゴルフだった。

6時50分頃
(プロになって2戦目のトーナメントの2日目、石川遼君もこんな
時間にスタートしたらしいが)
家内と義理の弟の3人(家内とは2月以来のラウンド)でスタートした。

休憩なしでインに入ったので18ホール終って、
スタート室の壁に掛けてある時計を見たら、まだ10時17分だった。
なんと約3時間半で1ラウンドしたことになる
(この間2輪車を引いて歩きっ放し)。

スタ-ト時点で前の組とは3ホール以上空いており、
後ろの組は2人だったが、待つことなくまた待たせることなく
プレーはスムーズに進んだ。
家内のショットが大分まともになり、歩く距離が短くなったのが
最大の原因だと思う。
またグリーン回りでも「行ったり、来たり」が減ったのも大きい。
休憩が無かった分、疲れは残ったが日差しが強くならない内に
終わることが出来て良かった。

昼食は、義弟が作った「ちらし寿しと肉うどん」を
ご馳走になった。

スコア(パー69)はアウト41(16) イン39(16)
高麗グリーンで転がりは遅かったが3パット無し。
「30cmオーバー」をしっかり意識して打った。
「きょうはタッチがいいね」と弟が誉めてくれた。

パーは8つ。積み立ては{+800円}

“みぎ~ひだり”のタイミング取りは自分の物になりつつある。
ショートアイアンの“引っ掛け”はまだ完全に直っていない。
「2歩前進、1歩後退」と言う感じである。

ひばりが鳴いており、数は少なかったが、ムクドリが餌を捜していた。
カササギは姿も見せず、声も聞けなかった。

スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
4月から(月に1回)1年間の料理教室が今日から始まった。
料理教室に通うのは始めてのこと。

サラリーマン時代、転勤はあったが、一度も「単身赴任」の経験は無く、
食事を作ったことは無い。
最近でも「料理を作るのは私の仕事」と家内は言うし、何も作れないまま
今日まで来てしまった。

家内が旅行に行ったり、寝込んだりした時のことを考えると、
「簡単な食事ぐらい作れないといけない」とずっと思ってきた。

高年大学で知り合ったMさんからのこの教室のことを教えてもらい、
習うことにした。

今日の献立は「ピースご飯」「キャベツの浅利蒸し」「筍の土佐蒸」
それに「寄せ卵の吸い物」5人1組又は4人1組で調理に挑戦したが、
大笑いしたことがあった。  それは初心者が良くやる“ミス”で
砂糖と塩を間違えるところだった。  ある人が
砂糖の入っている容器を持って鍋に入れようとしていたところに、
見回り中の先生が来て「それは何ですか?」
生徒「塩を入れます」 先生「それは砂糖ではないですか」
生徒「え~え」。

しかし笑えないことを私はやってしまった。
「寄せ卵の吸い物」の出し汁を作るのに薄口醤油、塩、酒が必要だ。

食事の時間になり、吸い物を飲み始めると、
誰かが「これは味が薄いね」といった。「確かに薄い」と他の人も。
私も薄いと感じて、「塩が足りなかったのか、醤油は?」と思って
レシピを見て、びっくり、

薄口醤油・大さじ1杯を入れていなかった」事を白状した。
(塩・酒を入れたことは間違いないが)                       

同じ班の人には大変申し分けないことをした。

吸い物以外の料理は美味しく出来ていた。
FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

天気は最高!でも・・・。

気温は20度を越え、微風。ゴルフをするには最高だった。

7番のティーグランドで前の組が2打目を打ち終わるのを
待っていると 「ホホジロ」の鳴き声が聞こえてきた。
同伴者のH・Yさんが「ホホジロ」は“高い枝に止まっていることが多い”
と教えてくれたが、そのとうりだった。
目を凝らしてみたら、その木の天辺に近い枝に止まっているのが
やっと見えた。
「メジロ」の鳴き声も聞こえたが姿は確認できなかった。

また「野いちご」の白い花が到る所に咲いていて、気分が和んだ。

来月のラウンドの頃は沢山の実が生っていることだろう。

天気・気分は最高でも 
Tボギー2、Dボギー4、などショットは“曇り時々晴れ・雨も降って”だった。

チップインが2つもあったのに、パット数は35.         
       (20台が出ても不思議ではないだろうに)

高麗グリーンのスライスラインをことごとく外して「情けない」結果を残した。

“寄らず入らず”で疲れたぁ。

アウト 46 (18) イン 46 (17)
   
          
FC2 Blog Ranking
今日は熊本空港CCで
女子プロのトーナメント「ライフカードレディース」の最終日である。

TVでは15:00から放映があるということで、
スイッチを入れて誰がトップかなぁと観ていたら、
行き成り馬場ゆかりプロの“ホールインワン”のシーンが写った。

13番(188Y)でのこと。

グリーン手前に落ちたボールは
少し左にバウンドして(画面ではそのように見えた)、
グリーンにオン、10ヤード以上のランの後、カップに転がり込んだ。

こちらの心構えが出来ていない内で “びっくり”である。

崩れかけた米山みどりも15番でバーディを取ってまた
ー6に戻すなど、観ていて非常に面白い。

古閑美保は調子に乗れないまま16番を終えようとしている。

久し振りではあったが、40日前にラウンドしており、
どのホールも良く知っているので、
他のコースでのTV観戦よりも数倍楽しく観れている。
FC2 Blog Ranking
今日から始まる

男子ゴルフトーナメント「東建ホームメイトカップ」の

TV放映はB-S-7(BSジャパン)であります。

放映時間は 19:00から21:00まで。

読売新聞によると、  
   谷口プロも片山プロも出場するようです。
FC2 Blog Ranking
「マスターズ・トーナメント」を
片山プロの戦前の自信ありそうなインタビューを聞いて
また“額の格好”が私に似ている谷口プロにも
予選は是非通って欲しいとの願いもあって
「しっかりと応援しよう」と、いつもより早起きして夫婦でTV観戦した。

残念ながら、2人とも“予選落ち”

予選カットラインを谷口プロは1打で“惜しい”だが、
片山プロは5打もオーバーしていた。
  この日トップのトレバー・イメルマンとは
   谷口プロで12打、片山プロで16打の差があった。
          
この差は余りにも大きい。

これって
“実力の差”
一口で言えばそう言うことになんですかねー
解説者・専門家に言わせれば「理由はいくつもある」となるのか?。

タイガーが優勝するのか、ミケルソンはどうなるのかなど
気になって結局4日間とも観てしまった。

2人のプロには明日からの
男子ゴルフの今季開幕戦「東建ホームメイトカップ」で
アメリカでの鬱憤を晴らして欲しいものです。
  
 ところが
2人の開幕戦出場は微妙らしい

(TV放映は4日間あるそうです)
FC2 Blog Ranking
4月10日に更新したブログ「新ルールに助けられた」
で自打球が自分のクラブが乗ったカートに当たった場合、
“無罰” だと書きましたが、これは間違いでした。
(この事は前回のブログで<追記>として書いていますが)

早速「ゼビオ」に行って「ルールブック(ゴルフ規則 2008)」を買いました。

知らなかったでは済まされない事なので、常に携帯して、
紛らわしいケースは確認していきます。




一般的にはキャディーさんの知識・判断で処理することが多いですよね。
FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

新ルールに助けられた。

4月4日の「シニア月例」でのこと。

6番パー5でのティーショットは右のグラスバンカーの中に。
このホールは普通2打目を打つ辺りから10~20ヤード先は
大きく下っている。更にグリーン手前には池があり、殆どの人は刻む。
3打目をいくら残してパーを取りにいくか。

私の場合、3打目をAWのフルショットが出来る地点
つまり100~105ヤード残すのがベストである。

グラスバンカーからの2打目はライが悪く6番Iでのショットは
“トップ”となった。30ヤードぐらい転んだあと
ボールは坂を下ってほぼ平らなフェアーウエイで止まった。

頭を抱えながらボールの所まで行ったが、
前の組はやっとグリーンに上がったばかり。

残りの距離は約160ヤード。池を越すまで150ヤードは打ちたい。
風はアゲていたので、6番Iを持って待ったが、
なかなかグリーンが空かないので、思い直して刻むことにした。

6番しか持っていなかったので、これで残り100ヤードと
いう地点にボールを転がそうとしたら
目標ラインから50度以上左に引っ掛けてしまい、
なんとクラブを乗せたカートに当たってしまった

一瞬「ああー」だった。しかし次の瞬間、今年から 

“自分のキャディーバックやそれが乗っているカートに当てても無罰” 

になったことを思い出した。(キャディにも確認した)

「助かった!

カートに当たって跳ね返ったボールは残り90ヤード辺りに止まった。
「56度のSWでは届かない。AWでのハーフショットが必要」
しかしボールは砲台グリーンの先に落ちてこぼれ、
4オン2パットのボギー

勿論改正前のルールなら2ペナルティが加算されるところだった。

またカートに当たらなければ、DボギーやTボギーになっていたであろう。

前回のブログで“アンラッキー”のことを書いたが
実はこんなラッキーもあったのです。


<追記>
上記のようにカートに自打球が当たった場合、
新ルールでは “1打罰” と言うのが正解でした。
ご指摘を受け確認しました。
ご指摘いただいた方にはお礼を申し上げます。
FC2 Blog Ranking
4月4日は「シニア月例」の日。

気温は17から18度位まで上がったようだ。
風は舞っていてフォローかと思えばアゲンストになったりで
クラブ選択に困っる場面が数回あった。
“まあゴルフ日和”と言って良い1日だった。

桜の花は満開で、花の間をメジロが飛び交い、ウグイスの鳴き声も聞こえて、
しかも15番ホールまでのスコアはほぼ目標通りで、
こんな中でゴルフが出来る幸せをつくづく感じていた。

ところが幸せ過ぎて気が緩んでしまったのか、
大きな落とし穴にはまってしまった。

やってはいけないミスをしてしまった

16番パー4、のティショットを右に打ち出してしまい、
OBだろうということで、最後に打ち直しをして近くに行ってみたら、
木に当たって跳ね返ってきたのだろうか、ラフにボールが有った。

「これはラッキー、大事にしなければ」と思い、刻む積りでショットした。
ところがボールは右に飛び出してグリーン右のOBゾーンへ入ってしまった。
「あれー」と思った。と言うのはまず“飛び過ぎ”だったから。
「なぜー?」と思いクラブの番手を見てみると6番アイアンだった。

私としては7番と8番の2本を持っていて、
“残り150Yと少し”だったがピンは見えないので、
3オン狙いで、7番では無くてもう一本の方のクラブつまり、
8番アイアンでショットした積りだった 。「迂闊」。
しかも落ちていた小枝の上にボールが乗かってせいもあるのだろうか、
ボールは右にスライス気味に飛んでいった。
打ち直しはバンカーに入りしかも“目玉”、1回では出ず、
結局 8とダブルスコアに。

18番でパーを取ったものの1Nは46、トータル87で、

コンペの成績は16位。(15位までが入賞、あとは5位毎の飛び賞)。

145Yのアゲンストを7番アイアンで打ってニアピン賞
(残念なことにバディーは逃した)を取れたのがせめてもの救いだった。

パーは7つ、積立金は700円の増。
FC2 Blog Ranking
プロゴルファー、石川遼君が、
ジュニアゴルフ界への恩返しとして
「石川遼ジュニア育成プロジェクト」を実施する事を発表したと、
 新聞で読んだ。
まず「ジュニア育成基金」を設立。
今月17日からの
男子ツアー開幕戦「東建ホームコーポレーション」から、獲得した
バーディー1回につき 1万円、1イーグルにつき 2万円を積み立て、
今シーズン終了後にジュニアゴルファー育成団体に寄付する。
と言うもの。


私は今年すでに6千円を積み立てている。
        (6万円でも、60万円でもありませんよ)
私の場合、
パー1つに付き 100円、バーディー1つに付き 200円である。

これは今年2月で2歳になった孫のためで
2歳の誕生日祝いを前に、何をプレゼントしようかと
家内と話している内に思いついて、1月のラウンド分に遡って、
積み立てをすることにした。

ただ誕生日毎のプレゼントとは別に、5年ぐらい貯めて
親子で思い出を作ってもらうための旅費
(例えば「ディズニーランド」に行く)としてプレゼントしたいと
考えている。

今まで子供たちにはこの件は内緒にしていたが、
このブログを読めばバレてしまう。
(気長に待ってもらいたい)

今の調子なら、年間2万円から2万5千円の積み立てになると思うが、
これでは足りないかも?。

コンペでの獲得賞金(賞品)の一部を当てなければならないかも?

頑張って、パー・バディーを取らなくては
FC2 Blog Ranking