最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
「 樋口久子IDC大塚家具レディース」
     武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)で始まった

 1 -3 佐々木慶子 三塚 優子  
 
 3 -2  岡田伊津美 原 江里菜
       新崎 弥生 丁 允 珠(ジョン ユン ジュ)
       藤野オリエ 服部 真夕
 9 -1 ウェイ ユンジェ  横峯さくら
      韓 智 淵(ハン ジ ヨン) 古閑 美保
      諸見里しのぶ 赤堀 奈々
      川原 由維 大場美智恵
      土肥功留美 北田 瑠衣
      李 ナ リ

先週優勝の大山志保は欠場?不動裕理も?

イ・チヒ 福嶋晃子も欠場
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
「マイナビABCチャンピオンゴルフトーナメント」は
ABCゴルフ倶楽部で2日目が行われた。
 
遼 君 4週連続で予選通過!
  今回も“楽勝”で通過!
 
 1  -9  深堀 圭一郎 
  2 -6  小山内 護
  3 -5  野上 貴夫   I・J・ジャン
        すし 石垣   宮里 優作
 7 -4  石川 遼 
 8 -3  山下 和宏   藤田 寛之
       葉 偉志   ドンファン
       宮本 勝昌   広田 悟
20 -1 丸山茂樹 ら 3人
23  0  矢野 東 ら 7人

53 +4 谷口 徹 ら 12人  ここまでが予選通過 

 
3人の高校生は
 松山英樹 +5
 今平周吾 +6
 嶋田朱里斗 +28

石川 遼君の3日目スタート時間は
  9:50  1番 ホール から。

FC2 Blog Ranking

トーナメント速報

遼くんは? 高校生の順位は?

「マイナビABCチャンピオンゴルフトーナメント」は
ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)で今日から始まった。

昨年のディフェディングチャンピオンはF・ミノザ

今年は主催者推薦で3人の高校生が参戦しているが、

今平修吾 (埼玉栄高校1年)は +1 で37位タイ
(37位タイには加瀬英樹、尾崎将司、ドンファンなど13人)

松山英樹(明徳義塾高校2年)は +4 で66位タイ
(66位タイには谷口 徹、岩田 寛、谷原秀人など9人)

嶋田朱里斗(水城高校1年・茨城県)は +14 で90位

初日トップに立ったのは4人。

 1 -5  井上 信  深堀 圭一郎
       星野 英正   I・J・ジャン
 5 -4  S・K・ホ  宮本 勝昌
 7 -3  宮里 優作  久保谷 健一
       野上 貴夫

先週優勝した矢野 東は-2で、石川 遼と共に10位タイ

片山晋吾、F・ミノザは欠場


FC2 Blog Ranking
雲がゆっくりと西から東に動いていた。
晴れたり、曇ったりで風を感じ、
3~4日前からすると“寒い”だった。

最高気温は20度前後か?

IN 41 (15)  OUT 43 (15) = 84 (30)

パー 7  ボギー 10  D・ボギー 1 

今日は「集中する」を心掛けた。

ショットはまだ同じクラブで右に飛んだり、
左に飛んだりしたが、大分纏まってきたにっこり

今日は注意していたので
“飛びすぎ”(グリーンオーバー)は無かった拍手 パチパチ

10番からのスタートで行き成り“3パット”をしてしまった。
ティショットを右のラフに打ってしまい、木が邪魔になって
2打目は100Yぐらい先の左側に。ここから4M前後に3オン。
パーを狙ったがピンをかすめて30cmぐらいオーバー、
これを「お先に」で外してしまった苦笑い

7番では狙った通りに3オンでき、気分が良かったので
「お先に」とパットしようとしたら、同伴競技者が
「大丈夫か?」と声をかけてくれた。が そのまま打った。
大丈夫ではなかった。ここでも外してしまった泣

後悔した。同じ日に2回もやってしまって。

過去この手の失敗は何回も経験していて(元来、“せっかち”である)
十分気をつけていたが、残念な事であった。 
FC2 Blog Ranking
「日本シニアオープンゴルフ選手権」3日目は
狭山ゴルフ・クラブで行われた。

中嶋常幸
15番(169Y) 7Iでティショット。ピン右約7Mにオン。
    ここはパー。
16番(442) DRでティショットは右のラフ。
    ピン奥約8Mに2オン。駆るにスライスラインを
    読みきってバーディ。
    この時点でー14.
17番(442Y) 3Wでティショットは右のファーストカットに。
    2打目はピン右約1,5Mにナイスオン。
    僅かに右に外れてパー。
18番 ここでもバーディで2位以下を突き離した。

湯原光信
 15番 7Iでのティショットはカップまで約10Mの手前ラフに。
   ここからピン奥4Mに(オーバー)
   「上りのライン、弱いと少し右にわがる」
   (鈴木規夫プロ・解説者)解説の通り、強目に打ってパーを
   拾った。
16番  DRショットは右のラフに。2打目は191Y、
   右手前のバンカーに。3オンは5M以上?あったが
   ここから2パットのボギー。 
17番 DRでのティショットはファウエーにナイスショット。
   2打目はピ右斜め下6~7Mにオン。これを決めてバーディ。
18番 パーで終わって中島とは6打の差がついてしまった。
   
 1 -15  中嶋 常幸 (-5)
 
 2  -9   湯原 信光 (-3)
 3  -6  中尾 豊健 (-2)
        羽川 豊   (-1)
 5  -5   室田 淳   ( E )

プロ野球セントラルリーグ、クライマックスシリーズ
 巨人軍の勝利が気になる。
 日本シリーズ進出がもう直ぐ決まる?
FC2 Blog Ranking
「ブリジストンオープン2008」は
  袖ヶ浦カントリークラブで3日目が行われた。

今日の最高は8アンダー

宮本 勝昌 63 ・ 76 ・ 65

石川 遼  72 ・ 71 ・ 67

 1 -16  矢野 東 (-3)
 
 2 -14  片山 晋呉 (-8
 3 -12  宮本 勝昌 (-7)
 4 -11  近藤 智弘 (-7)  野上 貴夫 (-6)
        池田 勇太 (-4) 丸山 茂樹 (-3)


17  -6  石川 遼 (-5)
FC2 Blog Ranking
10月17日(金)「悠遊迷球会」のコンペがあった。
年5~6回を予定しているが、今年はひどい雨で
中止になったり、メンバーの一人が体調を崩したりで
まだ3回目である。

天候は申し分なし。

OUT 43(19)   IN 39(14) =  82(33)

パー 8  ボギー 10  ダボ、トリプル は 無し。

スコアも申し分なかった

コンペ成績
 Yさん  83 HD 17 NET 66
 私    82 HD 12 NET 70 
 Hさん  93 HD 13 NET 80
 Wさん 109 HD 22 NET 87  今回は二極化した

左への“引っ掛け”はゼロで無かったが、
たいしたトラブルには到らなかった。

ここ数ヶ月スコアを崩し、練習場で思考錯誤して
やっと“視界が開けてきた”
何故急に良くなったかは、これから数回ラウンドを
重ねて安定したものになったらその理由を公開したい。


FC2 Blog Ranking
先週の「富士通レディース2008ゴルフ」で
福嶋晃子プロが初日63と言う凄いスコアを出しながら
2日目73でラウンド。最終日も75。
初日のスコアとは12打も違う。
余程2日目3日目は体調でも悪かったのだろうか?
三塚プロも 66・64・73。2日目と3日目では9打も違う。
こちらも体調のせい?
何にしてもこれでは優勝できない。

ゴルフとはこんなに難しいもの!。
自分も身に染みているし、プロでもこんな風だから、
ホットしないでもないが。

チヨットしたリズムの狂いでスコアを落とすことになる。
自然との闘い、自分との戦い、人との戦いも大変。

それにしても今回の福嶋プロ、三塚プロのスコアは酷かった。
特にベテランの域に達している福嶋プロには苦言を言いたい。
不動プロの次に“永久シード権”を手に入れるのは
「あなたですよ」と言いたい。

「頑張れ晃子」 今年の“賞金女王”を勝ち取れ。

一方、不動プロは
69・68・66、段々スコアを縮めていた。
優勝する時はこんなもの、そう言ってしまえばそれまでだが、
素晴らしい “逆転優勝” だった。
FC2 Blog Ranking
日本オープン初日、古賀GCで観戦した事を前回の
ブログで石川遼君中心に書いた。
遼君のショットは正確でパッティングも好調だった。
それでも自信たっぷりとも見えなかった。

青木プロに精神面で助けられたのではないだろうか。
3日目、4日目もあれだけのプレーが出来るとは
多くの人が予想でき無かったのでは無かろうか。
 
僅か17歳の少年が。

この大会主役を務めた
片山プロが「見事な優勝」を勝ち取った。

最近の男子のトーナメントにしては珍しい6800Yという
短いコースとはいえDR抜きで唯一人アンダーを出した。
ビッグタイトルを勝つことで25勝目を手に入れた。

“格好良すぎた”

彼の次に25勝に到達するプロが現れるのか?。イヤー・・・

長い間の努力の賜物と簡単には片付けられないだろう。
距離が短い分、攻めるには難しいコース設定になっていたと
思う。
このGCの某シングルプレヤー(HDCP6)がトーナメント仕様の
コースをラウンドしたら“100をオーバーした”と言う話を
食事をしている時に聞いた。それ程難しいということを
言いたかったのだろう。

18番のフェァウエーでグリーンまで140~150Y位にギャラリーが
コースを横切ることが出来る所があったが、ここを歩測してみた。
164cmの自分の歩幅で17歩(往復して確認した)と言う狭さ。
全ホールの平均は20Yは無いとの発表があったようだが。

それにしても片山プロは2回目、遼君は初めて“実物”を見たが
TVで良く見ているせいか、初めてと言う気がしなかった。
FC2 Blog Ranking
第73回「日本オープンゴルフ」の初日、
古賀GCに行ってきました。

朝7時45分ごろ指定の駐車場に着いたが、すでに400台
から500台の車があった。そこから西鉄バスで6~7分で
ゴルフ場に到着。

8時スタートの片山の組はもいなかった。

石川 遼の組は12:00。4時間近くある。
そこで10番ホールに行った。そこには8:09スタートの
横尾 要、甲斐慎太郎、大和田桂介の組のスタート時間が
近ずいた。そこから5組のスタートを観て、1番ホールの
ギャラリースタンドに移動。12:00まではまだ3時間以上もある。

中略

岩田 寛、中島雅生などがスタートして行った。
待ちに待った青木、手島、石川のスタート時間が来た。
勿論スタンドは満席、ティーグランドの回りも沢山の人、人。
「カメラは止めてください」と関係者が2回(3回?)叫んでいた。

石川はDRでティショットした。(3割以上のプロがFWで打っていた)
これが素晴らしいもので300Y近くは飛んだようだった。
勿論フェアウエー2打目も歓声が上がったので、多分いい所に
2オンしたのではないだろうか。
次の組の谷口 徹のティショットを見てから、先回りして5番(パー5)の
グリーンイドで石川、青木、手島の組を待った。このホールは左に
大きくドッグレッグしている。ここで石川はショートカットして2オン。
手島はわずかに届かずグリーン左のラフに。2ともバーディ。
青木は3オン2ハットのパー。

石川は6番(パー3)も1オン。“すこぶる好調”と見た。
その後も就いて行きたかったが人が多くて無理だった。
そこで食事をしたり他のプレヤーを18番ホールで
待つことにした。
そうこうしている内にTV放送が始まったので、
携帯電話のTV画面で石川らのプレーを確認した。
(勿論プレイヤーの邪魔のならないところで)
14番でD・ボギー、15番でボギーしたことも。
18番ホールに着てから50分以上経ったがやっと
石川らが来た。2打目地点で待ったが、彼のティショットは
右のバンカーのアゴ近く、しかも“目玉”(これをこの目で確認した)
おそらくSWだったと思うが“出すだけ”15Yぐらいしか
前に行かずしかもラフ。そこからピンまで140~150Y、
3オンに成功 ( のはず、ギャラリースタンドから拍手が聞こえたので)
安心して帰ってきたが、石川はこのホール、ボギーと聞いて驚いた。
13番まではー5だったようで、インに入って4オーバーと言うことになる。

遼君以外の事も書きたいが文面が長くなってしまった。
また次の機会に書きたい。
FC2 Blog Ranking
古賀ゴルフ倶楽部(福岡県古賀市)で行われる
男子の「日本オープンゴルフ」初日に
石川 遼プロらのプレーを観に行くことにしている。

49歳年上の青木功プロ・手島多一プロと
12:00に1番ホールからスタート。
一緒にラウンドするのは公式戦では初めてらしい。

谷口 徹・C パリー・星野英正らは12:09に 1番Hから、

片山晋吾・小田孔明(福岡県出身)・矢野 東らは
07:56に 1番Hからスタートするようだ。

義弟など4人で行くが4人の都合が付くのはこの日だけと
言うことで、決して遼プロが予選落ちするのでは無いかと
心配してのことでは無い。
FC2 Blog Ranking

ゴルフ練習

今日の練習から

練習場に行くには勿体ないような“ゴルフ日和”が続いている。
多分ゴルフ場もプレーヤーで賑わっているのだろうが、
今日は練習場も多かった。

ただいつものこととは言え、暗い顔をした人が多かった。
殆どの人が自分のショットに不満のようである。
ブツブツ言っている人、苦虫をかんだような顔をした人、
私に後ろの打席にいた人は「飛距離は諦めた」などと
言いながら力一杯打っていた。

私も余り偉そうなことは言えない。

左への“引っ掛け=フック”は殆ど出なくなった。
その点以前より気分は悪くないが。

逆に目標より15Y~20Y右方向にまっすぐ飛んだり、
スライスしたりが多くなってきた。
目標とする鉄塔を挟んで30ヤード内(ヤードはアバウト)に飛んだ
ボールの数と目標より15Y以上右に飛んだボールの数は
半々ぐらい。
せめて3対2(勿論目標近くに飛ぶボールの数が3)位に
なってくれればいいのだが。

「切り返し」のタイミングがまだ一定しない。

これからどの位いの練習量が必要かは分からないが、
もうチヨットのようでもあり、そんなに簡単な事でも無さそうで
いまいち気分は晴れない。。
FC2 Blog Ranking
「SANKYOレディースオープン」最終日
赤木カントリー倶楽部で行われ た。

若林が初優勝!!

若林舞衣子
  16番パー3。2段グリーンの下でカップまでは13M
  (山崎プロ、ラウンドレポーターの報告) カップは
  2段グリーンを登り切ったすぐの所に切ってあった。
  ここをパーで切り抜けたのは17番でのバーディに
  繋がったと思う。
  最終ホールも落ち着いてプレーでき、ここをパーで上がって
  初優勝を手に入れた。
茂木は16番 ファーストパットは10Mはあったように見えたが、
  軽い下りのフックラインを読みきって、バーディ。
  ギャラリーから大歓声が上がった。(山崎レポーター)
  この時点で若林に1打差と迫った。18番は3打目から
  79Y・ラフ。(TV画面で表示)。
  左足下がりでピん向かって真っすぐ飛んだが、ピンを
  大きくオーバーした。カップまでは20数Mたったのでは。
  ここから3パットしボギー。
イ チヒ 16番ショットホールグリーン奥のラフから(15M以上
  20Mぐらいはあったのでは、しかも下りの難しいライン)
  カップ2Mぐらいにつけ、これを入れてパー。
  これは見事だった。
  17,18番はバーディチャンスはあったがいずれもパーで
  若林には追いつかなかった。
古閑美保 18番ロングホール3打目は残り118Y。
  ここからグリーン手前の池に入れて、4オン2バットの
  ボギー。
横峯さくら ティショットは左のバンカーに。2打目は9Iで
  レイアップ。3打めはピン左上3Mぐらいにオン。
  ここから1パットで決めてバーディ。




優勝 ー8  若林舞衣子 
 
 2   -5  茂木 宏美 (+1) 李 知 姫(-2)
 4    -3 ニッキー キャンベル(-2) 上原 彩子 (-4)
 6   -2 井芹美保子 (-1) 古閑 美保 ( E)
       高橋美保子( E) 佐伯 三貴 (+1)
10   -1 イ  ジウ (-3) ジュリー呂 ( E)
        横峯さくら (E) 原 江里菜 (-1)
         宋  ボベ (-2) 中田 美枝 (+2)
        藤野オリエ(E) 服部 真夕 (-1)
        芳賀ゆきよ(+1)

FC2 Blog Ranking
「キャノンオープン2008」最終日
戸塚カントリー倶楽部・西コースで行われた。

優勝したのは井上 信、4000万円を獲得した。
今日だけでー7。 通算2勝目。

手島 17番での“惜しい!”でバーディならず
    井上に追いつかなかった。
宮里 16番でスライスラインを1パットで決めてバーディ。
    この時点でー12
藤田 17番でティショットを右のラフに入れた。
    ここからの2打目は左に飛んで、サブグリーンの
    右カラーに止まった。 ここで“痛恨”のボギー。
宮里優作と藤田 寛は18番でバーディーが来たら
    プレーオフと言う処だったが、
    宮里はカップ、6M前後からのバーディパットが
    わずかに右に外れてパー。
藤田は宮里の場合より左でわずかにカップに近い処から
   バーディを狙ったが左に外してパー。、

石川 遼は今日、ー2で回り通算 ー7 で 21位タイ

丸山茂樹は今日、-5で回って通算 ー7で 21位タイ。

谷口 徹は通算 ー2で 41位タイ。

片山晋吾は今日だけで +6、 49位タイ。

 優勝 ー13  井上 信 (-7
   
   2  ー12  今野 康晴(-6)   手嶋 多一(-4)
            藤田 寛之()    宮里 優作(ー2)
   6  -10  B・ジョーンズ(-8)  横尾 要(-3)
           C・プラポール(-5)



FC2 Blog Ranking
「キャノンオープンゴルフ」2日目は
 戸塚カントリー倶楽部・西コースで。

今日トップに立ったのは桑原克典
片山晋吾の25勝目、今週こそあるかも。
 尤も来週の日本オープンで25勝目、これも格好いいが。 
石川 遼 今日1アンダー
丸山茂樹 今日は4アンダー
谷口 徹  今日は+2

 1  -7  桑原克典 
 2 -6  藤田寛之  F・ミノザ  原口鉄也
        清田太一郎
 6 -5  横尾 要  片山晋呉  丸山大輔
       手嶋多一

10 -4  矢野 東   谷原秀人  丸山茂樹       
        C・キャンベル
14 -3  久保谷健一  宮里優作 ら 12人
26 -2  中島雅生  藤島豊和 宮本勝昌 ら 9人
35 -1  谷口 徹  石川 遼   宮里聖志
        武藤俊憲 ら 9人


FC2 Blog Ranking
女子国内ツアー30戦目
 「SANKYOレディースオープン」は
  赤城カントリー倶楽部で始まった。

昨年の優勝者は キム・ソヒ (GOLF5所属)

不動裕理は欠場。
宮里 藍 上田桃子はアメリカに?

初日、トップに立ったのは 茂木 宏美

 1 -5   茂木宏美

 2 -3  イム ウナ  諸見里しのぶ   中田美枝
 5 -2  ジュリー呂   高橋美保子   佐藤靖子
       若林舞衣子   宋 ボベ
10 -1  永井奈都   黄 アルム  佐伯三貴
       山口裕子   土肥功留美   藤野オリエ
       馬場ゆかり   表 純子  李 ナ リ
        呂 雅 惠
20  E  古閑美保  大場美智恵 ら 15人
35 +1  横峯さくら  上原彩子  大山志保
       飯島 茜   イ チヒ ら 20人 
      
     藤野オリエ 久々の上位発進

FC2 Blog Ranking
国内男子ツアー第17戦
 「キャノン オープン ゴルフ 2008」は
  戸塚カントリ倶楽部・西コースで始まった。

好調、谷原2位発進

谷口 、片山 も 好位置
石川 は 34位 タイ
先週優勝の武藤俊憲は +1 で 52位タイ
芹澤信男は +2 で 64位タイ


 1 -5   原口鉄也 
 2 -4   谷原秀人
 3 -3   C・キャンベル  平塚哲二
       F・ミノザ  井上忠久 谷口 徹        
       片山晋呉  藤田寛之
       上井邦浩  桑原克典  貞方章男
13  -2 手島多一 ら 9人
22  -1 宮里聖志、宮里優作 ら 12人
34   E  石川 遼 丸山茂樹 尾崎将司
        宮本勝昌 小田孔明 ら 18人


FC2 Blog Ranking

ゴルフラウンド

ラウンドを分析

以前「反省だけなら猿でも出来る」と言うTVコマーシャルが
あったが、人間だから少し“分析”もしてみたい。

今月「シニア会」

パー・・6 ボギー・・4 D・ボギー・・4 T・ボギー・・2
 
 43  47 汗; 

ショートホール4つの内、3つはオンできた。jumee☆shy2
(ニアピン賞を1つ獲得) もう1ホールではに外した。
と言うことで“引っ掛け”は減った。

ティショットで2回OBを出した。泣1回目はに、
2回目はに。
ティショットでに飛んだのは3回あった。
(内1回はカート道でに跳ねてOB) 
に飛んであわやOBと言うのが2回あった。
兎に角「に飛ばないように」と意識すとに飛ぶ、
またはその逆でに飛んでいく。
最近は“1・2の3”のリズムを唱えながらなっているが
一定していない。最大の原因はここにあるようだ。
またどうゆう訳か AW と 9 I でいつもより飛びすぎて、
“グリーンオーバー”が2回もあってスコアを崩し、
気分を崩した。

“引っ掛け”が出ないようにするには自分の場合、
インパクトの瞬間少し伸び上がって打つのが
良いようだが・・・はてな
FC2 Blog Ranking
第41回日本女子オープンゴルフは
  紫雲ゴルフ倶楽部・加治川コースで最終日が行われた。

今年の女子プロチャンピオンはイ チヒ/strong>

イ チヒ
 14番(3) 1オンしたが3パットのボギー。
   昨日、今日で随一のボギー。
 16番 ティショットは左のバンカーを越えてラフに。
   TV画面ではボールは見えていた。
   2打目はトップ気味に当たってグリーン奥のグラス
   バンカーへ。ここからカップまで1.5Mぐらいにつけて
   パー。
 17番 フェアウェイセンターの松の木を越える
   “ナイスショット”カップまで6.6Mに2オンし、
   2パットのパー。
 18番 ティショットは左のラフへ。
   ここからウッドで「インテンショナルフックを打って
   フェアウェイ真ん中。3打目はピンまで105Yと
   レポーターは言っていた。カップまで4~5Mに
   3オン。軽いスライスラインを沈めてバーディ。
   これが“ウィニグパット”になった。
宮里 藍
  15番 2オンせずグリーン手前のラフ。、ピンチを
   迎えたが
   ここから約1,5Mにつけてパー。
  16番 ティショットは狭いフェアウェイに落ちて
   センターへ。残り151Y、7Iで打ったが風は
   フォローだったようで、ピン斜め左上7~8Mにオン。
  パー。
  17番ティショットは左のバンカー近くまで
   飛んだ。ここフェアウェイからピンまでは障害物は
   なかったがピンまで15、7Mにオン。
   ファーストパットは3Mぐらい残して、心配させたが、
   流石にこれを入れてパー。
  18番 1打、2打目とナイスショットしたが、
   3打目“気合”が入りすぎたか、ピン奥10Mぐらいに
   オン。バーディならず。
不動裕理
  12番 167Y、6Iで打ってあわや“ホールインワン”
   かと騒いだが、カップ左に止まった。
   10cmは無かったよう
   だった。17番フェアウエー真ん中にある松の木を越えて、
   フェアウェイセンターに。ここから松林越えを上手く打って
   3,7Mにオン。ここでバーディ。3アンダー。 
   宮里・イチヒに並んだ。
  18番 ティショットは珍しく力んだのか
    左のギャラリーロープの
    更に左に。2打目はフェアウェイに出すだけ。 
    3打目地点に行ってもグリーンは見えない。 
    ウッドで打ったが右の松林のほうへ飛んで
    木に当たり、 
    ラフに落ちた。4オンしたがカップまで
    20M以上はあったようだ。ここから2パットに収めたが、  
   “痛恨のボギー”

 優勝 -4 イ チヒ
 
 2 -3  宮里 藍   リ エスド
 4 -2  不動裕理
 5 -1   N キャンベル キム ソヒ
 7 +1  小俣奈三香 横峯さくら
 9 +2  上田桃子 米山みどり
11 +3  川原由維
12 +4  大山志保 宋 ボベ イ ジウ
      上原 彩子 イム ウナ 土肥功留美
17 +5  諸見里しのぶ 福嶋晃子
20 +6    山口裕子 廣瀬 友美
       原 江里菜 三塚優子
FC2 Blog Ranking
第41回「日本女子オープンゴルフ」3日目、
紫雲ゴルフ倶楽部・加治川コースで行われた。

飯島あかねが今日3アンアダーで回って、リ スエドを捕らえた。

 1 -1 飯島 茜  (-3)
      リ エスド (+2)
 
 3   E  キム ソヒ (-1)
 4 +1 李 知姫 (-4
       宮里 藍  ( E )
      ニッキー キャンベル (+1)
 7 +2 米山みどり (-1)
     不動 裕理  (-1)
 9 +3 横峯さくら  (-4
     上田桃子  ( E )

飯島 茜
  17番ティショットは「ベストポジション」と樋口会長。
  ファーストパットはピン左上11M(TV画面に表示)から
  約1.3Mオーバーしたがこれを入れてパー。
  18番ティショットはこれも「ナイスショット」2打目は
  左にセミラフとラフの境に止まっておるボールを打ったが、
  トップ気味に当たってグリーンオーバー。 
  4打目は“スタンスはバンカーの中”から1Mぐらいにつけて
  “ナイスパー”
イ・チヒ
  今日は4バーディ ノーボギーの 68。
宮里 藍
  16番 グリーン奥のグラスバンカーから
  「絶妙のアプローチ」でパー。
横峯さくら
  18番(5) バーディ。今日は5バーディ、1ボギーの 68
  「雨が降ってグリーン上はボールが止まり易かった」と
  インタビューで答えていた。
上田桃子
  18番 4オン2パットのボギー。
上原彩子
  16番 4M弱(?)のバーディパットを決められずパー。
  17番 フェアウエーからの2打目は手前のガードバンカー
  上部に突き刺さり、アンプレアブルを宣言して、4オン。
  ここはダブルボギーとしてしまった。
諸見里しのぶ
  18番 3オン1パットのバーディ。
不動裕理 
  1イーグル 2バーディ 3ボギーと出入りが激しかった。
若林舞衣子
  地元での開催、このコースは良く知っていると言い
  多くのギャラリーの声援を受けて踏ん張っていたが、
  15番でティショットしたボールがフェアウエーにそびえる
  松の枝に引っ掛かったようだ。枝に1個ボールが見えたが
  若林のボールと確認が出来ず“ロストボール”扱いとなり
  ティーグランドに戻って3打目を打った。 
  結局ダブルボギーとした。 今日だけで8オーバー。
  3日間で +7 となり22位タイに後退。
FC2 Blog Ranking
富士フイルムチャンピオンシニアゴルフは
  平川カントリークラブで最終日を迎え、

  渡辺司が2週連続優勝を果たした。

優勝 -14 渡辺 司   
   15番(パー5)下りのほぼ真っすぐなライン。
   これを決めてバーディ。
   17番(204Y) 20M近くからの2打目は
   30cmぐらいにつけてパー。
   18番(431Y)右の林越を狙って左の浅いラフヘ。 
   2打目はピン下5M前後に2オン。ここをパーとして 
   2位グループに8打差をつけて“ダントツ優勝”をした。
 
 2  -6 尾崎直道    
    17番は4番アイアンでショット、グリーンに届かず 
    2パットのボギー。惜しかった。

        室田 淳    
   17番ではホールインワンかと思わせたがカップ左を 
   抜け1M弱に止まった。ここはバーディ。 
   これが効いて2位タイに。
        飯合 肇    
   16・17・18とパーで上がって2位タイに。
   TV放送が始まってからはバ-ディーチャンスはなかった。
 5 -5   三好 隆
 6 -4   陳 志忠
 8 -2  文山義夫   重信秀人 
       青木 功    
   15番から3連続バーディ。
   16番はカップ左4M位からのバーディ。
   17番はカップ下6~7Mからバーディ。 
    “流石ぁ!!”だった
      高橋勝成
      羽川 豊 ー
FC2 Blog Ranking
コカ・コーラ東海クラシック2日目は
三好カントリー倶楽部西コースで行われた。

 1 -6 貞方章男 横田真一 深堀圭一郎
       池田勇太 D・チャンド
 6 -5 谷口徹 富田雅哉 武藤俊憲
 9 -4 横尾 要  B・ジョーズ
11 -3 宮本勝昌  井上 信
14 -2 片山晋吾  矢野 東 他4人
   
    横田真一は今年、選手会長を宮本勝昌に譲ったが、
    そのせいか成績は昨年よりズット良い。

55 +3 川岸良兼  藤田寛之
      丸山茂樹  手嶋多一 他4人

予選通過ならず。
77 +6 石川 遼
FC2 Blog Ranking
第41回「日本オープン女子ゴルフ」は
  紫雲ゴルフ倶楽部・加治川コースで2日目が行われた。

 1 -3 エ スド
 
 2 -1 若林舞衣子
      15番(4) 2打目はフェアウエーから残り140Y。
      プッシュアウト気味に飛んだボールは右のガード
      バンカー少し上のラフに止まった。ここからピンまで
      約4Mにつけ、2パットのボギー。
      16番(4) フェアウエーからの2打目はピン左真横
      ぐらいに落ちて、奥のカラーまで転がった。ピンまで
      15Mぐらいあったようだが、上手く寄せて、パー。
      17番(4) ティーショットはフェアウエー左。ピンまで
      約10Mのところに2オン。 ここはパー。
      18番(5) 2打目は右の浅いラフから。3打目は
      “ピンは見えない所”から上手く打ってグリーン
      奥7Mぐらいにオン。ファーストパットは下りの軽い
      スライスライン。ピン下1Mぐらいに寄せてここもパー。
      今日は1オーバー。
 
 3  E  ニッキー・キャンベル
 4 +1 宮里 藍 福嶋晃子  キム・ソヒ 栗林由香
 8 +2 一ノ瀬優希 飯島 茜
10 +3 上田桃子
      15番 フェアウエーから残り130Y弱。ピン下で
      10M以上はあったようだ。なんとこれを入れた
      バーディ。
      16番 フェアウエーからの2打目は少し左に
      飛んでグリーン奥の深井ラフ。ここから“完璧な
      アプローチ”で1M弱につけてパー。
      (森口プロが褒めていた)
      17番ティーショットはフェアウエー右に。林越えが
      難しく、低い球筋でグリーンを狙ったが、
      オーバーしラフへ。ピンまで20Mぐらいあった
      ようだが、ここからカップまで4.7M(TV画面に
      表示された)ここからショートして次も入らず
      ボギー。
      18番 2打目は左のセミラフから。3打めは
      フェアウエーからピン下6~7Mにオン。
      ファーストパットは30センチ
      ぐらいショートしたがこれを入れてパー。
      今日は2オーバー。
     
      上原彩子 イムウナ 中田美枝
      諸見里しのぶ 廣瀬友美 川原由維
      不動裕理  米山みどり 宅島美香
FC2 Blog Ranking
コカ・コーラ東海クラシック、初日は
  「三好カントリー倶楽部西コース」で行われた。

 トップに立ったのは  
     -7  深堀圭一郎

 2   -5   B・ジョーンズ
 3   -4  谷口 徹   池田勇太
 4   -3  D・チャンド  武藤 俊憲  李 丞鎬
         横尾 要
 9   -2  岩田 寛   横田真一  山下和宏

12   -1  片山晋吾  宮里聖志 ら 15人
67   +3  石川 遼 ら9人
 
谷口 徹に優勝して欲しいなぁ

片山晋吾は今週こそ25勝目を手に入れる事が出来るのか?
 
今週の石川 遼は予選を通過できるのか?

今週も観どころ一杯だ。


来週の「日本オープン」は観戦に行くぞー
FC2 Blog Ranking