最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
千葉廣済堂CCで行われた「廣済堂レディースゴルフカップ」
最終日をTV観戦。見ごたえのあるプレーが続出。

16番(400Y)
最終組の横峯・有村・若林の3人のうち、
若林だけがティショットをフェアウエイにキープ。
しかし3人とも3オンできず、「誰かがスコアを落とす」
そんな状況だったが、流石最終組それぞれがパーで
上がった。
17番(172Y)
3人とも1オン。パットは若林から、1STパットを
カップ50~60cmに付け「お先にー」でパー。
次は有村4M位からだったが2パットのパー。
横峯は有村より数10cm短い距離、カップ手前10cm位に
止まって結局3人ともパー。
この時点で横峯がー13。有村がー11。若林ー10.
18番 
若林 フェアウエイから2打目はレイアップ。
 3打目は95Y。ピン左横6~7Mにオン。
 ここから2パットのパー。
有村 左のラフからの2打目は今度は右のラフに。
 3打目は「ウエッジが深く入って」グリーンに届かず。
 4打目はパターを使ってピンに寄せパー。
横峯も左のラフからの2打目は昨日と同じ右のバンカーに。
 バンカーからの3打目はピンハイ3M位にオン。
 バーディパットはカップに蹴られたが、
 ウイニングパットは10cm位。
 今季2勝目、通算11勝目を上げた。

「賞金女王を目指して頑張ります」と今日も言っていた。

優勝  ー13  横峯さくら  
 2   ー11  有村 智恵 
 3   ー10 若林舞衣子  諸見里しのぶ
 5    ー9  北田 瑠衣
 6   ー8  三塚 優子  
 7    ー7  イ  ジウ 佐伯 三貴
        辛  周
10  -6    キム ソヒ   佐々木慶子
        竹末 裕美 飯田マリア
        飯島  茜
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
「廣済堂レディースゴルフカップ」予選2日目は
バーディーラッシュ

横峯さくら
16番(400Y)フェアウエイからの2打目は
 ピンまで147Y。ピン手前約4Mにナイスオン。
 これを“捻じ込んで”バーディ。-11とした。
 今日だけでー8。トータル
17番(163Y) 7Iでショット。ピン左斜め下5M位に
 オン。1STパットは「惜しい」でパー。
18番 DRショットは250Y近く飛んでフェアウエイに。
 ピンまで225Yから2オンを狙ったが、右手前のバンカーに。
 ここからの3打目はピンまで20Y。アゴは1.5Mぐらい。
 3オンはカップ下1M弱に付けバーディ。
 今日だけでー8。

有村智恵
16番 左のラフからの2打目はカップの
 左7~8Mにオン。 1STパットは「入った!」と
 思われたが 結局1.5Mぐらいオーバーして
 ここからも入らず、 ボギーとした。
 ここで横峯とは3打差に。
17番  1STパットは横峯と同じ方向でカップまで6M位から。
 これも「惜しい!」でパー。
18番 DRショットは左のラフに。2打目はレイアップして
 99Yからの3打目はPWでショット、ピンハイ3M位にオン。
 ここから1STパットを入れてバーディ。

1 -12  横峯さくら   -8
 2  -9   有村 智恵 -4
 3  ー8  若林舞衣子  -6
       竹末 裕美  -5
 5 -5    イ ジウ     -2
       下川めぐみ  -2
       三塚 優子  -3
       飯田マリア  -5
       北田 瑠衣  -4
10  -4  一ノ瀬優希  -3
        黄 アルム   -3
       佐伯 三貴   -2
       諸見里しのぶ  -5
        辛  周   -3
        中村 香織   -5
 
 * 選手名の後にある数字は今日だけのスコア
FC2 Blog Ranking
三菱ダイヤモンドカップ」3日目   
        
雨・風の中、

中島常幸が
 今日は69で回り3日間トータルイーブンパーとして
 2位タイに浮上

石川 遼は
 インからのスタートで16番~18番で+4とした。
 逆に後半は1番~6番でー5と取り戻した。
 しかし、最終9番でティーショットを左に曲げ狭い
 隙間を狙ったが、枝に当たったようでまたトラブル。
 ここから3オンも出来ず。4打目はSWで
 「上手く寄せた」が2M足らずはカップに
 蹴られて“ダブルボギー”
 3日間トータル8オーバー。

1 -2  B・ジョーンズ
2  E  兼本 貴司   中嶋 常幸
     C・プラポール
5  +1  P・マークセン   金 庚泰
7 +2   石川 裕貴   横尾 要
      谷口 徹   近藤 共弘
     甲斐 慎太郎   原口 鉄也
 
石川 遼は
  片山晋吾、平塚哲二、星野英正らと共に38位タイに。

   
FC2 Blog Ranking


優勝を争う三塚優子とイム ウナだが、
 16番(546Y)でバーディーを取ったイム ウナが
 ー8として三塚優子に並んだ。
 17番(387Y)は共にボギーとした。
 18番は共にパーでプレーオフに。

プレーオフ3ホール目
 三塚は森口解説者に寄れば「300Yショット」で
  ピンまで94Yの地点に。
 イムは右のクロスバンカーから。ピン下6~7Mから
  2パットでパー。
 三塚は58°のウエッジで打ったがグリーンを
  オーバー。結局ボギーとして“万事休す”
  今季2勝目は叶わなかった。
 
珍しいシーンがあった。
 17番 イム のティーショットは
 左の楠の太い幹に当たって跳ね返り、ラフに止まった。
 「トップは作れるがフォローでは木に当たるかも」
 だったが、予想通りに幹に当たって
 クラブは“見事”に2つに折れた。
 それでもボールは真っすぐ飛んでグリーンオーバー
 したものの、ここからパーを拾った。
 これが大きかった。
三塚はここでも2打目をバンカーからウェッジで
 打ってオーバーさせている。
 後半ウェッジショットのミスがでて、優勝を逃した。


優勝  -7 イム ウナ

 2 -7 三塚優子
 3 -4  張 娜(チャン ナ)   馬場ゆかり  福嶋晃子
 6 -3 佐伯三貴  上原彩子  全 美 貞
     宅島美香   飯島 茜
11 -2  イジウ   横峯さくら
       若林舞衣子  有村智恵

FC2 Blog Ranking
今年の「ヴァーナルレディース」は
10回目、記念大会となった。

その記念大会2日目、ボランティアとして
“固定マーシャル”をやらせてもらった。
(固定だから1ヶ所に留まって業務をする・
移動マーシャルはその組に着いて行って・・・)

マーシャルとは例の「お静かに!」を頭上に上げて
選手が気分良くまたスムーズにプレーできる様に
ギャラリーに協力を求める役目である。

OUTの1番の組がスタートした時間が7時30分。
2人でラウンドしたせいか、9番のティーグランドに
ついたのが9時5分と早かった。
2組目は約8分後に来た。
こちらも2人だった。

最後の組(36組目)東尾理子・赤堀奈々の組
(高 又 順は棄権?)が来たのが午後3時33分頃。
各組の間隔を全てメモって見たが最大で18分ぐらい、
最小で7分程度だった。

先週のトーナメントで“遅延プレー”としてペナルティーを
かけられたK・Kの組は今日はスムーズだったようだ。

ボランティアしながらプロのプレーが観られて
長時間にもかかわらず楽しかった。

お陰でトラブルも無く終わることが出来た。

ところでこんなことがあった。それは
3歳ぐらいの女の子を連れた夫婦が近くに来たので、
その女の子に
「ゴルフは好き?大きくなったらプロゴルファーになる?」と
声をかけたら、すかさずその子の父親が
「その積りです、名前も“あい”と付けました」と言った。
こちらは冗談で聞いた積りだったので「びっくり~」
でした。
FC2 Blog Ranking
初日の今日、福岡センチュリーGCの
1番のティーグランドで上原彩子がボールを
ギャラリーに向かって3~4個投げたらしい。
その1個がギャラリースタンドにいた
私の家内の方に飛んできた。
それを立ち上がってキャチしたという。
(私は別の用あって今日は観戦には行けなかった)

上原選手のサイン入りの薄みどりのボールが
今手元にある。
そのボールは“TOURSTAGE 01”で
上原彩子のサインがあり(実はよく読めないが)
2009.5.15と日付も入っている。

我が家には
第2回大会で優勝した塩谷育代プロが
投げたボールがあり、
第7回大会で優勝した李 知 姫 の
ウイニングボ-ルもある。

この大会に関するボールが3個になった。
益々「ヴァーナルレディース」には愛着が沸く。

明日のボランティアも頑張って勤めなければ。
FC2 Blog Ranking
15日から福岡センチュリーゴルフ倶楽部で行われる
「ヴァーナルレディース」は今年10回目となる記念大会。

今日12日から一部の選手が練習ラウンドをやっていた。、
また打ち放なし場を使うために5人のボランティアが召集された。
私はその中の一人として朝7時半から夕方6時まで
練習場に詰めた。
好きなコルフであり、多くのプロの練習が
観られて、時間の経つのは早かった。

業務は選手又はキャディに籠に入った
ボールとティー渡すこと。
クラブを洗う水やクラブを拭くタオルを換えることなど。
また数人の選手、キャディを倶楽部ハウスと練習場を
カートで送迎もした。
勿論最後はボール拾い。
19人でやって約15分で拾い終わった。

練習場に来た主な選手は
有村智恵、古閑美保、服部真夕、米山みどり
三塚優子、原江里奈、北田瑠衣・若林舞衣子、 
N・キャンベル、ジョン・ミ・ジョン、服部道子
(名前を思い出せない若い選手が今日は多かった)

3回も練習場に来た選手が何人かいた。
また2時間ぐらい打ち続けた選手が2人ほどいた。

服部真夕には岡本綾子プロが
米山みどりには伊澤利光プロが
付き切りでアドバイス(コーチ)をしていた。

岡本プロとは1分ぐらい話が出来た。

ゴルフの練習とは直接関係の無いことだが、
“カートを運転するのがキャディではなくて選手”と
言うケースが6~7割あった。
ある選手などは「自分で運転したい」と言っていた。
「運転するのが好き」そんな風に
感じをられる選手が多く見られた。
FC2 Blog Ranking
茨城GC西コースで行われた「ゴルフ・サロンシップ杯」は最終日

諸見里が逃げ切った。
1昨年に続いてビッグタイトル2度目。

途中まで3打差、P・クリーマーには4打差をつけていたが、
終盤2ボギーを打つなど “ハラハラのゴルフ”だった。
P・クリーマーの追い上げ、福嶋晃子の17番での
イージーなイーグルは見ごたえがあった。

 優勝 ー13 諸見里しのぶ  
 2 -12  P クリーマー 全 美 貞
 4 ー11  福嶋 晃子
 5 -10  李 知 姫(イ チ ヒ)
 6 -9   横峯さくら
 7 -8   タミー ダーディン 辛  周 馬場ゆかり
10  -4   叶 莉 英(イエ リーイン)
11 -2   青山 加織 不動 裕理 有村 智恵
14 -1  三塚 優子 若林舞衣子 宋  ボベ
17  E   古屋 京子 古閑 美保
19 +1  イム ウナ ジュリー呂 黄 アルム
       山口 裕子 日下部智子 表  純子

次のトーナメントはいよいよ
福岡センチュリーゴルフ倶楽部だ!
FC2 Blog Ranking
ssIMG_0254.jpg

「母の日」の母とは家内のこと。

子供達が「今年の母の日のプレゼントは何がいいのか、
オヤジは聞いていないか」と言ってきたので
家内に尋ねたら、
“ウォーキング用のサンダル”が欲しいと言う。

福岡市のデパートのPR誌に載っていたが、
近くの大型ショピングセンター内の靴店にも
あったようできのう自分で買ってきた。

このサンダルは“YONEXのウォーキング用”で
YONEXは遼君のスポンサーでもあり、
その会社が販売しているのも気に入ったらしい。

娘の義理のお母さんも一緒に行って買ったとの事。
FC2 Blog Ranking
sssIMG_0247.jpg
セブンミリオンCC10番ホール

4月30日はセブンミリオンCCのキャディ ーI さん(男性)の
お陰で忘れられない日になった。
彼は
落ち込みそうになるプレーヤーを元気づけることにも長けていた。

18番では「センターより左狙いで打ってください」の
アドバイスだったが左を狙いすぎてまたミスもでて
左クロスバンカーのまだ左、斜面に落ちた。
「あそこは問題ないですよ、落ちてきますし、ロングホールだから
パーは取れますよ」と彼は言ってくれた。
その通りに“寄せワン”だったがパ-が拾えた。

彼には
「今日は有難う、お陰でいいゴルフが出来たよ」と
お礼を言った。

インはパーが 5、ボギーが 4 と安定したゴルフが出来た。
こちらも40。 トータル80。

インのパット数は16。 トータル28。
マットでの練習の成果も出て本当に気分が良かった。

新ペリアでハンディを計算してもらったら、
8.4がつきに3位に入った。ベスグロ賞も。

予ねてから努力目標にしている「上がり3ホールはパーで」を
この日はアウトもインも達成できて、誠に“楽しいゴルフ!!」となった
FC2 Blog Ranking
sssIMG_0247.jpg
セブンミリオンCC 10番(パー4)

4月30日はアルバに載っていた1枚の
写真から自分のスイングの欠点に気づいて、
それをある程度ものに出来た事と、素晴らしい
キャディ(男性 I さん)に巡り会えた事で
久々に「満足できた」1日となった。

「このホールは出だしセンターだったら、右に落ちますので
左狙いで打ってください見た目にはそうは見えないでしょうが」
とか「このホールのグリーンは硬いのでよく跳ねますますが
芝は伸びているので思ったほど転がりません」など、
そこいらのキャディとは違うアドバイス(全てを伝えられませんが)、
情報提供をしてくれた。

17番(パー3)は打ち下ろしで大きなグリーン。
ピンは左奥「ピンまでは170Y、センター狙いなら
160Y打ってください」とキャディは言った。
アゲンストの風が吹いたり、止んだりで
「安全に6 I 」で打ったが矢張り風に戻されて、
ピンの遥か手前で「オンしただけ」
ここでかのキャディはピンから私のボールまでを歩測してくれた。
「私の歩数で31あります」と。

歩測してくれたキャディは余り記憶にない。
しかもあんなに長い距離を

ここまでしてくれるのかと、また感心した。
私のボールの位置からは
上りで最後は少し左に切れるかもというライン。
1、3M位につけることが出来てパーが取れた。
キャディの努力にも報いることが出来て
「気分が良かった!」

続きは次のブログで。


FC2 Blog Ranking
  京葉カントリー倶楽部での2日目。
 
ベテラン斎藤と若手有村がトップに。
  
18番(498Y・パー5)
  古閑美保
   ティショットはFW真ん中 271 Y に。
   ここから2オンしたも同じ(グリーンとラフの境に止まった)
   1STパットは残り約20cmで「楽々バーディ」
  横峯さくら 
   ティショットは265Y位飛ばしたが左のラフに。
   ここから2オンを狙ったものの、大部ショートして
   池にポチャン。しかし4打目を2Mぐらいにつけてパー。
  飯島 茜
   FWから2打目をレイアウトして3オンを狙ったが、
   右にはずして、結局このホールはボギー。
  有村智恵
   FWから2オンを狙ったが左のガードバンカーに。
   しかも十分なスタンスが取れない状況から、
   約2.5Mにつけバーディ。
  斎藤裕子
   右のラフからの2打目はレイアップ。
   3オン2パットのパー。

1 -7 斉藤 裕子  有村 智恵
 3 -5 全 美 貞  中田 美枝
 5 -4 黄 アルム  表 純子
 7 -3 横峯さくら  飯島 茜
 9 -2 古閑 美保 上田 桃子
     宋  ボベ
FC2 Blog Ranking
3日目は
 平塚が逃げる、藤田が追いかける展開となった。<
span style="color:#330099">

石川 遼
 17番( ) ティショットは右のバンカーに。
  遼くんは「この辺りが上手すぎる」 パーを拾った。
 18番(435Y)1打目は307Yぐらい飛んだ。
  「ピンまで123Y」ピン上3Mぐらいに2オン。
  ラインは下りのフックライン。僅かに左に外してパー。
  今日はアウト36、イン35の1オーバー。
 
15番(588Y)
 藤田寛之 ピンまで104Yの3打目、
  ピン奥3Mくらいにつけてバーディ。
  この時点で2位に浮上。
  16番でも2打目のスーパーショットでイージーバーディ。
  9アンダーに。
 片山晋吾 3打目は「ピンまで113Y」少し被って
  ピン左奥6~7Mに。スライスラインは僅かに
  右に切れてパー。今日の片山はバーディも来るが
  ボギーも出てスコアが伸びなかった。
 平塚哲二 ティショットは3Wで。ファアウエイに。
  2打目は3 I で打って、「花道のいいところ」に。
  残り72Yの3打目は「少し強く入って」
  ピン奥6M位にオン。ここはパー。
 
1 ー13  平塚 哲二
 
 2 -9   藤田 寛之
 3 -7   手嶋 多一  鈴木 亨
        野上 貴夫
 6 -6   小田 龍一  D・スメイル
8 -5  中島 雅生  深堀 圭一郎 
        F・ミノザ   久保谷 健一
12 -4   S・K・ホ  岩田 寛
       上井 邦浩   片山 晋呉
43 +1 石川 遼





FC2 Blog Ranking
ssIMG_0246.jpg
セブンミリオンCC(福岡県)の一番ロングホール


4月30日は新卒で
入社した会社のOB会ゴルフコンペだった。

アルバの4月23日号「丸ごと1冊アイアン即上達」を
東京旅行中に買っていた。
特にショートアイアンでの“引っ掛け”がまだ直りきって
いなかったので“即上達”に引かれて買ってみた。
こちらに帰ってきて特に気になっていることを
書いてあるページをじっくり読んでみたが
「今まで読んだ内容と余り替わりが無いなぁ」で
暫くテーブルの上においていた。

30日のコンペ前に一度練習しておこう
行ったのが4月27日。
この時もまだ気がついていなかったのだが、
29日の夜、なんとなくテーブルの上に在った
アルバを見ているいるうちに
「ひよっとしたら上手くいくかも分からない」
閃きみたいなものを感じた。
それはP29の一番上の写真。
特にインパクト直後の右足の踵が少し上がっている写真。
自分の場合は「ここが正しくないのでは?」
「インパクトの時点ではまだベタ足になっていることが多い?」
そう思った。
「結果はどうなるか分からないが明日本番でやってて見よう」と

集合時間の1時間以上前に着いて練習をした。
「何とかなりそう」だった。

アウトの結果は 
 バーディ 1、パー 6、Dボギ ー1、
 Tボギー 1と2ホールで荒れたが40だった。

パットが12、またダボやトリプルがあったことから
決してショットの内容が良かった訳ではないが、
インはもっと満足できる内容だった。
FC2 Blog Ranking