最大P10倍☆【四角ヘッド】新形状!打ちやすいと話題のスクエアFW【最新モデル】FLIT-BOX フリッ...
【TVで話題】デビッド・レッドベター スイングセッター 【日本語版DVD付き】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
昨日23日は火曜日ながら「セルフday」
またもだった。
15日にも雷雨予報のため取りやめたが、
昨日も

前日は問題なかったのに、今回も1日ずれてしまった。
4人の内 誰一人として、
「やろうよ!」と言う人は居なかった。

午前中一時止んでいたようだったが、
午後から雨脚が強くなった。
「行かずに良かったかぁ」と納得できた。

15日も23日も今まで1度も一緒に
ラウンドしたことの無い人がメンバーに
入っていた。
「雨男?」と尋ねたが
「いやいや、そんなことな無いいよ]と
笑っていたけど?。

雨脚が強い中、練習場に行った。
芹澤プロのDVDを観て
しっかり練習しなければと思って。

下半身の構え、上半身の構え、
重心の掛け方、左腕のたたみ具合。
チェックするところは多い。
結果は 180球打った

次のラウンドは26日(金)
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
女子プロゴルフトーナメント第3戦 
「ゴルフ・Tポイントレディース」最終日
(鹿児島 高牧カントリークラブ)

優勝   -8 北田 瑠衣 (初代チャンピオン)

 2  -3 三塚 優子
 3  -2 ヤング キム 李 知 姫(イ チ ヒ) 
 5  -1 馬場ゆかり  アン ソンジュ
   横峯さくら 有村 智恵
9  +1 リ エスド  ウェイ ユンジェ

北田は今シーズンオフも
プロ野球の選手と一緒に練習した。
ダッシュを繰り返し下半身を鍛えた。
そのせいもあってドライバーの飛距離は
5から10ヤード伸びたという。
尤もシャフトも1インチ長い46インチにした。
身長1メート60cm、体重53キロの細身で
46インチのドライバーを操れるのは流石だ。
片山晋吾が応援にきていた。(TV画面に映っていた)
FC2 Blog Ranking
過日、義理の弟が60歳になった。

毎年お互いに「誕生日」を祝ってもらっていが
今年は「還暦」を迎えると言う事で特別な日だった。

いま時“赤いちゃんちゃんこ”はあるまいと
“赤いゴルフ帽子・赤いゴルフグローブと
ボール(これは本人の希望によりカラーではない)”を
プレゼントした。
それに私の子供達からは“お祝い金”
私たちも“お祝い金”を添えた。

食事は家内が料理してくれた。
赤飯とそうめん味噌汁。
メインディシュは大きな“お頭つき鯛”の塩焼き。
ほかに
牛たたき、
かしわ・しいたけ・人参昆布などの煮込み、
えび・豚肉の唐揚げに野菜を添えたもの
など盛り沢山。

勿論全ては食べられず、翌日の夜までかかった。

この中で鯛の塩焼きは特に美味かった。
一番よく“売れた”

本人が喜んでくれたことは言うまでも無い。
FC2 Blog Ranking

ゴルフその他

残念ながら中止に。

7時50分頃車をスタートさせた。
まだ雨は降っていなかった。
風は“交通安全を呼びかける旗”が結構ゆれていた。

ゴルフ場まで10分ちょっとで着くのだが、
道程の半分位いの所で雨が降り出した。

ゴルフ場に着くと既に帰る人もいた。

私は2人(今日は3人でラウンドする予定)の
到着を待ちながら、ハウスを出たり
入ったりしながら雨・風の状態を観ていた。

見知らぬ人だったが私に話しかけてきた
「今日は無理だよ、雷も鳴るようだし」などと。

3人が揃ったところで「どうします?」すると
1人が「スタート前にこうゆう状態では
やる気が失せますね」と言い
結局「止めましょう」となった。
「今日の変りは4月5日」に予約をした。

コンペの数組はスタートしたようだ。

クラブハウスにはまだ仲間を待っている人、
思案中の人が数人に居た。
FC2 Blog Ranking
3日前から予報では「15日は荒れ模様です」と。

同伴予定者の一人は
「ゴルフ場に行ってから決めましょう」と
13日午前中に電話を掛けてきました。

私としてはDVDで学んだことの成果を
早く出したい。
前2回のラウンドで大きなミスを出しているだけに
「3度目の正直」を早く証明したい。

DVDは「芹澤信雄の飛ばしの極意Ⅱ」も観た。

この中には
“下半身の構え方”“上半身の構え方”があった。

どうなることやら。
 ラウンドができるのか?
 スコアはどう出るのか?

      結果は次回に。
FC2 Blog Ranking
18ホールの中では自分でも惚れ惚れするような
球筋が幾つかあって、DVDの効果は間違いなく出ている。
(どこがどうと正確には伝わっていないかも)
ただ練習が足りないだけ。

練習をして行く上でミスショットを
未然に防ぐことが
出来るようになると確信している。

このDVDの中で芹澤プロは
「素振り」を1日100回やって欲しいと言っている。
練習場に頻繁にいけない私に取っては
家で練習できるのが良い。


シニア会は91名の参加で「15位以内に入賞」

この日は皆さんの成績も良くなかったようです。

次のラウンドは15日。
今月のラウンドは4回予定している。
FC2 Blog Ranking
後半の最初のホールで
前半の微妙なショットのブレが
思わぬ形で出てしまった。
U5を使っての第2打は“トップ”。
大きく距離が残った3打目は
力みもあったのか、
打球は右に出てOBゾーンへ。
打ち直しはグリーンに届かず、
そこからもモタモタして+4

前半9ホールで+5だけに
1ホールで+4はショックだった。
次は何とかパーを取ったもののその後は
前回のラウンドと同じで、
パットも決まらなくなり「寄らず・入らず」で
19パット。結局48。
残念な結果にしてしまった。

アイアンショットで右に出たのは、
切り返しのポイントとしている
“左足にウエイトを掛けたとき”が
まだ身についていないことが大きな原因かぁ。

左脇の甘さもあるようだ。

                      続く
FC2 Blog Ranking
前回のブログで案内していたように、
3月5日(金)の
「シニア会」に参加しました。

“ゆるゆるグリップ”で、今までよりかフックグリップにし、
更に切り返しのタイミングをしっかり意識してラウンドしました。
と言うより「した積り」でした。

確かに1番のティショットはこの日も90点ぐらいかな。
満足出来きました。その後も大きなミスは無く
前半の9ホールは寄せも決まり、ミスパットも少なく、41。
パット数を除くショット数は27

“DVDの効果あり”で気分良く昼食が頂けました。

しかし今になって考えてみると、ゆるゆるグリップも
フックグリップもプレー中は余り意識出来ていなかった。
(意識しなくても出来ていた。これは?)
切り返しのタイミングは十分意識できていたと思います。

この切り返しのタイミングを意識するあまり
(これで左への巻き込み、引っ掛けはなくなりましたが)
段々身体の開きが早くなっていたようで
アイアンショットが右に飛んでいた。
トラブルショットに繋がっていなかったので
この“問題意識”をプレー中は持っていなかった。

このことが午後からのラウンドに出てしまった。

                     つづく
FC2 Blog Ranking
タイトルは

芹澤 信雄の飛ばしの極意

 [飛んで曲がらないスィングをマスターする方法」

DVD5本、テキスト5冊で送料込み15540円

60代半ばを過ぎて今更「飛距離を伸ばす」は

甘いなどと言われそうですが、

今以上に飛ばすことが出来るということは

「それなりの理に適ったスイングを学ぶことが出来る」と

思ったからです。

(私は仲間からは同世代の中では“飛ぶ”ほうだと

言われております)

1本目のDVDを2回見ました。

それで練習には1回行きました。

DVDを見て一番変えたのはグリップです。

芹澤プロが推奨するグリップからすると、

私のグリップは甘かったようです。

(永い間グリップでは悩んでいました)

それとトップからの切り替えし、これが中々一定せず、

安定したショットが出せずにいました。

練習場では“ゆるゆるグリップ”を心がけながら、

上記の2点を確認しながら120球打ちました。

時折驚くような球筋が出ましたが、

そう簡単ではないことは理解しています。

明日のシニア会では

「グリップと切り返しのタイミング」

それに“ゆるゆるグリップ”を

意識してプレーをします
FC2 Blog Ranking
市内の小学校数ヶ所から12日の間に(2月から3月に掛けて)
3年生あるいは4年生約800人が
資料館に来て「昔のくらし展」見学・体験をした。
展示してあるのは昭和20年代からそれ以前のもの。
先生役のボランティアは延べ180人。

使い方を体験してもらったのは
石臼まわし・鰹節けずり・洗濯板・七輪
台はかり・足ふみミシン。

私は3日間(3回)これに参加した。

1回目は石炭を使って七輪で火の熾す。
2回目は洗濯板を使って靴下を洗う。
3回目の25日は台測りで体重を量る。
を教えた。

七輪の所では蒸気機関車を引き合いに出し、
石炭で風呂を沸かしている家庭もあったことを教えた。
餅を焼くにしても、魚を焼くにしても手間がかかり、
今みたいに直ぐに・簡単に食べることが
出来なかった事を伝えた。次に使うために、
掃除をしておく必要があったことも教えた。

洗濯の所では井戸水をポンプ汲み上げる理屈も教えた。

台測りの所では(竿測り・天秤など4種類が置いてあった)
子供達を2人ずつに載せて、ほかの子供達が2人の体重を
量ることで使い方を教えた。
竿はかりをどんな場面で使っていたのか想像するのが
しづらかったようだ。

学習意欲の高い子供が多かった。

こちらも楽しかった。

FC2 Blog Ranking